墓標

オタク思想とオタク地獄とラブコメと萌え4コマ漫画

顕現した話その11

サッカーのチームが作れますね。11とはそういう数字。

 

推しカプ長文怪文書シリーズとなりました。毎回性行為の話をしているのも最悪ですし、今回はスマホの地獄のメモ帳ストックから文章を出してもう一度考えてあああ〜となろうと思います。最悪。スマホの地獄のメモ帳ストック、短めの怪文書も結構あるのでどこかのタイミングで品評会とかやりたいですね。毎月恒例行事のやつとかも...個展が出来るくらいにはこういうのがある...

 

そんなわけで地獄のメモ帳デッキから身長差の話を召喚!!!皆大好き身長差。私の推しカプの身長差は特に最高という話をします。

 

身長差...151cmと159cm、キスに適した身長差とは12cmくらいだと言われています。あかりちゃんとゆかりさんの身長差は大体8cmです。でもゆかりさんヒールのある靴とか履いてそうですし普通に4cmくらい上がりませんかね。えっ!!!ヒールの高さ、調べてみると4cmは普通に低い方なんだ。じゃあ...じゃあって何?それはさておき...

 

でも身長差、離れれば離れるほどあなたが遠くにいってしまう、そういう面もあると思います。顔が離れちゃうよ〜...そしてゆかりさんを追いかけてきたあかりちゃんという最初に与えられていた構図...あかりちゃんのどんな努力も埋める事の出来ない領域、それは時間と身長差。

 

その時間はこれからずっと一緒にいる、そういう事できっと気にならないものになるでしょう。彼女達はこれから永遠を育んでいく...そういう二人ですよね。はあ...

 

身長差はそうではないですよね。別に気にすることなんてないですし、ベッドの上では身長差なんて気になりません。キャッいつでもあなたの顔が側にある。ずっと唇を重ねていたい。違うそういう話じゃない。二人の足並みが揃うまで...あかりちゃんがゆかりさんに恋焦がれたあの日々、頑張って背伸びしようとした日々。

 

慣れないヒールを履いて足を痛めた日もあったでしょう。自分の足を労るゆかりさんを見て、この人はいつも私に合わせてくれるんだって思う日もあったでしょう。そういうところが全部好き。でも私だってゆかりさんの隣にいたい!!!あかりちゃんにそういう日々があったんだろう、そう思えるから私はあかりちゃんが好き。今日ではきっと精神的な身長差とも呼ぶべきものはなくて、ゆかりさんだって大概ダメな所があって、あかりちゃんもそれを支える事が出来て、二人で歩いていく存在じゃないですか。ゆづきずバースデーライブ2021...そう思うに十分なもの...

 

そして今身長差を感じる瞬間、それは二人がキスするときにあかりちゃんが背伸びをしてゆかりさんがかがむ。そういう瞬間!!!あの日はつらかった背伸びも自分に合わせるゆかりさんも、全部全部幸せな瞬間に内包されている。

 

といった文章がスマホのメモ帳にあって、こいつめちゃくちゃいいこと言うな...と思いました。

 

身長差!!!最高!!!あかりちゃんは精神的な意味で背伸びをすることはもうないかもしれないけど、物理的な意味でこれから何度も背伸びをするんだ。そう思うとなんかさ...嬉しくなっちゃいますね。もう足を痛める必要なんてないんですよ。背を伸ばせばそこにはゆかりさんが笑顔でいてくれるから。

 

はあ

 

はあ...

 

最近ずっと心がぐちゃぐちゃです。毎回言ってるんですけど、今のこれは何なんだろう...というと、もうわからないんですよね。数回前に言っていましたが、沼に沈みたての頃は苦しくて息が出来なくても地表に顔を出して呼吸が出来たが、完全に沈むと呼吸が出来ない。酸素がない。

 

「あああ...」しか言えなくなる時間、どんどん長くなっている。死の兆候か?ずっと苦しいです!!!でも、いいか。大好きな人達をこんなに考えられるってそれは幸せな事だ。私は幸せです。笑顔で苦しもう。地獄の底で...

 

だけど涙が出ちゃう...女の子だからかな...

 

いや情緒不安定の症状だと思うけど...

 

もうホント毎日楽し〜〜!!!万が一心配されたら本当に申し訳がない。心配だけはしないでください。楽しいです。ひじょうに!

 

日記です

 

きららの方のやつを入稿したのでまた心の中のゆづきず漫画を好き勝手書いて良いです。オタク同人活動を始めてインプットが減ったな…アウトプットばかりしてていいのか…と思わなくもないですが、アウトプットも何も心の中で見たままのゆづきずを書いているだけですし、インプットはむしろ増えています。暇さえあれば近代文学を読むようになりましたし…曲も聞きますし…漫画も案外結構読んでいる…完成された…?何が?(9月1日)

 

ちょっと天気が良くない日が続きます。あっ雨だ。あかりちゃんの身体が冷えたらいけません…「外で人のお腹さするのやめてもらえます!?」「ううむ」ぎゅっ「それも!」

 

なんなんだ。いいじゃないですかもう近所の名物みたいなもの…って言ったら「名物になりたくないんですよ」って言ってた。それはそうですね(9月2日)

 

EofV前日だーっ!なんでかお誘いいただいた合同もあったり行きたいサークルがあったり楽しみですとても。嬉しいですねとても

 

そんなわけで今日はオタクと遊んでいました。泊めてくれたので酒をたくさん飲み明日が不安です。は?

 

「ここら辺にあかりちゃんの家がある」というオタクの案内の下あかりちゃん近所パトロール(散歩しつつ治安について考える等の行い)をしたり琴葉葵ぬいを持ってきていたのでそれを抱くオタクの写真を撮ったりしました。私の心の中のあかりちゃんは…まあ…今日も呆れていたんじゃないかな…(9月3日)

 

EofV楽しかった!楽しかったですとても。色んな人とお話できました。それはそれとして私の心はぐっちゃぐちゃです!ちゃんと私を破壊してくれてありがとう…(9月4日)

 

本が作りたいよ〜本が作りたいよ〜…ええと、本が作りたいです。めちゃくちゃ書きたいプロットが3つくらいあります。ずるいよ。私は一人しかいないのに

 

ところで最近は月が大きく…十五夜も近いですね。調べてみると10日が十五夜だそうで。お餅とかお団子とかありますよね。「つんつん」「なんです」「あかりちゃんのほっぺは柔らかくて気持ちがいいです。お月見にぴったり」「ぴったりではないです!私がお月様見れないじゃないですか」「私を見ていればいいと思いますよ」「そうじゃなくて」「半分冗談です。うふふ…あ、そうです!」ふにゅん「!!!」「ここにもお餅が」「ば、バカーッ!」「あーっ」

 

なんだいつも通りか…(9月5日)

 

あかりちゃんかわいいな…(9月6日)

 

ラジオを聞いています!毎日!星野源のANNがお気に入りです。頻繁にラブホの話をするので…おかげで私の心の中の結月ゆかりがスケベ椅子があるラブホの存在を思い出してしまいました。そういう回があったらラジオのせいです(9月7日)

 

中秋の名月中秋の名月だ。晴れて良かったですね。皆でお月見を…お団子とか作りましたからね。あかりちゃんと。雨だったらゆかりさんを見る会だったんですけど、でも晴れてよかったって真っ先に言ってくれるのはゆかりさんなんですよね。二人が一緒に煌々と輝く月を眺めている。お団子が美味しい…お酒も美味しい…皆嬉しそうで私も幸せです。来年もこうしていられたらいいな(9月10日)

 

なんか色々あって日光に言っていました。これは結月ゆかり

えっお二人様用?えっ!近くに縁結びとかがありました。縁結び、結月ゆかりですよね。嬉しい。あかりちゃん...

 

そんなわけでさっさとやるか...ということで冬コミの原稿を始めました。年末多分地獄だから11月には完成させる気で行こう。と思ったんですけど、長い漫画の書き方を忘れています。私学パロ漫画どうやって書いたの?全然覚えてないんですけど。書いてるときの記憶がまるでない。なんかずっと「最悪~」って言ってた記憶しかない。あかりちゃんの泣き顔たくさん書いたし~...嫌だァ~...とか言いながら書いてましたよ本当に。まあ深く考えずにいつも通り書けばいいのか...(9月11日)

 

知り合いが皆結婚していく。こいつらに私が言うことは2つ...「おめでとう」と「まあ私の推しカプの方が幸せだけどな」ということです。本当に言っている。素敵なのろけ話ありがとう、お礼に私ののろけも聞いてくれ!!!まあ皆幸せそうで何よりです

 

こういう日々の中久々に見ました。「あの頃一緒に狂ったオタクは皆家庭を持ってしまった」みたいなツイート。あ〜久々に見た。定期的に見てる気がします。インターネット、相変わらず同じことを繰り返している。さておき別にそれはいいと思うんですよね。いいじゃんオタクやめても。でも「お前もはやくオタクやめてこっちにこいよ」とか「あんなのにハマってたの意味わからん」とか、急にそういう言い出すやつが私の回りには結構いたので、嫌だァ〜とかその都度思いました。何が嫌かって過去の自分、楽しかった時間、感謝、諸々...そういうのを簡単に人はなかったことに出来るんだ...という点です。まあ色々考えた末の発言ならいいと思うんですよ。オタク活動の一貫として街を破壊していたけど今は恥じている...とかなら理解出来る。反省すべきだ。

 

でもどうもそうじゃないですよね。破壊活動だって方向がズレていただけでそういう真っ直ぐさとか、何かしら良い点はあるはずです。そういうのは大切にしてほしい。いや破壊活動をしていた知り合いとかいませんけど...いつまでも今の自分を誇っていたいものです。で、ここからゆづきずの話なんですけど、過去の思い出、なかったことにしないでほしい。

 

例えつらかったとしても、そういう時間、もう私に無縁なものなんだって嘲笑したりしないでほしいです。それはあなたを育んだ大切な時間!!!それに、今の幸せな日は未来の自分に馬鹿にされている...悲しくないですか?今の幸せな日々が未来でも変わらず幸せな日々のままであるように!!!今の幸せが未来でも幸せなら、あかりちゃん達はもっともっと幸せになっていける!!!そのために過ぎ去りし日に胸を張っていてほしいものです。まあ心配せずともあかりちゃんはそういう事が自然に出来る子だし...ゆかりさんもまあなんか常に自身満々だしいいんじゃないですか...

 

というわけで今日のニュースから推しカプにつなげてしんどくなるRTAのコーナーでした。毎日これをやっています(9月13日)

 

そういえば今日上げた漫画の裏話ですが…

 

 

これはペン入れした段階です。推しカプ後頭部〜二人が寄り添ってればもうそれで満足みたいなところはありますし、実はこの時点で私はとってもニコニコしていました。書くのはめちゃ楽ですし省エネ推しカプ!明日は北海道出張なのでもう寝ます(9月13日追記)

 

しっかり疲れてます!北海道出張!結構涼しく、あかりちゃんとゆかりさんがくっつくのに適した気温です。ハッピー!良かったね。人目も憚らず…あかりちゃんはちょっと気にしてましたが、手と手を重ねればその温もりしかわからなくなっちゃう二人の世界。かわいいですね今日も(9月15日)

 

やあやあ帰ってまいりました北海道から。疲れた!楽しかったです。帰り道、怪文書やゆづきずトークがたくさん生まれました。例えば…飛行機の中で機内モードで出来ることといえば眠い頭でメモ帳を開くだけ。そこに残された文字列、あかりちゃんサキュバス…あかりちゃんサキュバスの考察などが残っていました。最悪だ!わざわざ最悪なのを選んで言う必要はないんですよ(9月16日)

 

きららのイベントに出ていました。楽しかった!話変わるんですけどIQが高い女性はエロいみたいな雑学を見ました。こんな与太話の信憑性はどうだってよくて、結月ゆかりがエロに前向きすぎるみたいな話、解釈一致だ!ゆかりさんって頭がよくて素敵♡って話してます(9月19日)

 

久々におうちの布団で寝られる〜人間、疲れるとあまりにも眠くなりますね。疲れに気付ける、成長!嬉しいですとても。あかりちゃ〜出張先ホテル等ではあんまりエッチなことが出来ない(しないわけではない)から結構期待しちゃってるけど疲れてるし明日そういうことをするのだろうな。ゆかりさんはいつでも行ける人ですが…(9月21日)

 

ああいよいよ夏が終わっていく…涼しい…(9月22日)

 

カラオケに行ってきました!あかりちゃん達と…緑黄色社会の陽はまた昇るからが好きなので歌っていて、「寂しくなれるそれはいいことなんだよ 誰かのぬくもりに生きられるから」ってちょっと会わなかっただけですぐに寂しくなってしまうゆづきず〜…みたいになって目頭が熱くなって嗚咽を漏らしつつ残りを歌い…ゆづきずぬいを抱きしめる…みたいなことを色々な曲に対し3時間位やっていました。一人で。とっても楽しかったです。

 

なんかでもあれね、この二人が私の推しカプなんだってふと思うとき…こういう存在が今の私にはいてくれる。幸せ…二人が今日も一緒にいるから…(9月24日)

 

いい天気だ〜いい天気です。最近台風とかで大変でしたし…洗濯が干せる!嬉しい!外も暖かくて気持ちがいい…と思っていたら心の中のあかりちゃんが私とどっちがあったかいんですかってゆかりさんに聞かれてた。なんだその質問は。そりゃゆかりさんですよ。勝利(9月26日)

 

ここしばらくの心がざわついている理由、多分推しカプだけじゃないな。修行が足りない!!!まあいいか...多少人間らしくて...いつまで人間気分でいるんですか?お前は立派なバケモノだよ...(9月27日)

 

ちょっと笑っちゃうくらいの人生大惨事があったけどまあ元気元気!!!オッケー!!!参加している合同の文章も結構なんとかなりました。怪文書を見てくれ。さておき今日も推しカプがかわいい...なんだっけ、さっきかわいいやりとりをしていた気がするんだけど。ごめん全部覚えてなくて...忘れずにいられるから漫画に書くといいのかもしれない。私の魂の慟哭を刻んでいこうインターネットに

 

そういえば26日のゆかりさんvs太陽〜あかりちゃんを暖めるのは私だ〜の様子は漫画にしたらしいです。こうやって公開すると...皆が見てくれてうれしい...このかわいい生命体を...自慢です。いつもありがとうございます

 

 

(9月30日)

 

心機一転…と思っていた平和な一日、破壊されました!結月ゆかり凪の存在によって。えっ何!?ヤバ!ひ〜…帽子…アイボスあかりちゃんにあわせて…!?凪って何…?凪、平静を獲得したということでしょうか。今までは荒れていてようやく落ち着いた?結婚?あかりちゃんと?みたいなことを言っていました。死(9月31日追記)

よんこま文化祭2022に出ます

9月19日!!!

 

出ます!!!告知!!!イベントの詳細は以下から

 

www.yonkoma.info

 

 

色10に配置された幣サークル「墓石の下」をよろしくお願いします!!!

 

 

 

ぎんしお少々のかなめさんとセツナさんのCPことかなセツの本文8ページの短編漫画です。来られる方は何卒よろしくお願いします。

 

タイトルは「2」です。何なんだ。何?もうちょっとなかったの?

 

なにはともあれ、にこみ先生関連のあれこれ、ブログを書き殴ったりpixivでなんかやったりはちょくちょくしてましたが、こうして形に残る同人誌として何かするのははじめてですね。出来て嬉しいです。

 

あとサクカはこれです。

 

顕現した話その10

記念すべき10本目です。1を書いたときはシリーズになっているとは夢にも思いませんでした。なんなんだよ

 

漢数字は見づらいので番号を普通の数字表記に変えました。えっこれからも続けていくという意思表明?まあ…死ぬまでやりたいので...死ぬまで続いていたら...いたらなんなんだ。あっぱれという他ないよね。拍手してほしい。次の大台100を目指していきましょう。月1ペースだから10年後になるね。10年後にはゆかりさん20周年か...

 

私の中ではその八で出した結婚の話がいい感じに一段落で、これで全てを理解できたわけではないのですが、少なくとも何かしら信頼に足るまっすぐな根拠というものは得ました。これからまた考えて、わけのわからない紆余曲折をしていくとは思いますが、長らく続いた文章としてはあれをひとまずの結論にしたいと思います。

 

あの話は本当に良いなと思っているので結婚を控えている友人にもしました。するな。私は責任の所在を明らかにすることを忘れないので、ちゃんと「君たちを心配してはいるが今伝えた話は君らを心配してではなく推しカプの事を考えて得た話」と伝えてあります。これが誠実さです。

 

なのでマジで一段落。逆に言ってしまえば今後は好き勝手話していいということです。また何かしら大きい問題に遭遇するまで雑に怪文書を書いていきましょう。日記は続けたいですし。

 

そんなわけで性行為の話をします!!!今度こそ!!!テーマです!!ドン!!!

 

性行為の最中に「最悪」みたいな事を言っていてほしい

 

言っていてほしいですね。言ってほしい。とても。思い返せばこの1年、というかもっと前から言っている気がしますけど、改めて振り返るとこの一言に尽きます。

 

好きな人、愛している人とのそういう時間、多分物理的な意味で最も距離の近い時間...心臓の鼓動も呼吸も、ちょっとした体温の変化も全部わかってしまうわかられてしまう、そういう時間...ロマンチックな表現をするならそういう感じですし、ここに悲しい要素なんて一切なくて、幸!!!幸福...そうなんですよ幸福。そしてラブ...

 

ところで私が好きなのってラブコメなんですけど。ラブコメとはラブコメディの略。コメディ...あっもう最悪なのでこれ以上言わなくていいですよ

 

敬愛する先生が性交渉はラブで失敗はコメディだから性交渉の失敗はラブコメディと仰っていたのを延々と胸に留め続けます。私もこんなに言語化してくれるとは思わなかったし多分その先生もこんなに毎日反芻されているとは思っていない事でしょう

 

それよりちょっと広く、失敗とまでは行かないけど、とにかくなんか夢見心地とはかけ離れた瞬間があってほしい*1。「性交渉の失敗はラブコメディ」という言葉はとても端的で大好き*2なのですが、自分なりのやりかたで別の言語化が出来そうです。ちょっとそれをやっていきましょう。

 

性交渉、非日常か日常か問題...性交渉を上述のような、純度100%ラブだと思うと非日常だと思うんですよ。でも魂のラブには肉体的ラブを経て到達するという私が10000回くらいこすり続けている饗宴*3を持ち出すとどちらかと言うと性交渉は日常寄りの概念であってほしい。別に饗宴を持ち出さなくても性交渉は日常寄りの概念であってほしい。爛...らんらららん...

 

夢見心地な時間を日常と地続きにする方法として日常の要素が混入してくる事があると思いません?純度100のラブ瞬間なんて多分そうそうなくて、多くの場合が現実に左右されると思うんですよ。盛り上がってきた時点で宅配便が来ちゃった。相手が私に着せるドスケベ下着をわざわざ買ってきた。シャワーとかあびてないんですけど。なんか嫌ーッ!!!あなたの目だけを見つめていたいあなたの肌だけを感じていたいあなたと一つになりたい、そういう時間に入ってくるこれら、邪魔!!!

 

思い出されるのが最近読んだ川上弘美の「可哀想」で、作中、主人公が行為中に見た、お花畑と形容された光景と、遊園地で見た夢みたいな光景、なんとなく似ている感じがした、というのが私の感想の1つでした。性交渉と遊園地。遊園地、それは非日常的空間の代表例。よくある話で遊園地デートで相手の素が見えちゃって嫌みたいなやつありますよね。今の文脈だとそういう話が容易に想起されます。

 

性交渉にせよ遊園地にせよ、こういう時に出てきそうじゃないですか!?「最悪」って。なんとなくちょっとしたロマンチックな期待を裏切られる瞬間、でも確かに日常と紐付いた瞬間。性交渉はドラッグストアの買い物からって!!!

 

性交渉を日常にする魔法の言葉、それが行為中の「最悪」の一言。

 

というのはどうでしょう。どうとは...はやくお亡くなりになったらよろしいのではなくてとしか...言いようがない...よくこんな最悪な事書けるね。

 

しかし遊園地は性交渉とは違う*4のでこっちの方について考えてみると、

 

遊園地デートの「最悪」って状況に寄ってはかなり悲しいことになりかねませんよね。待ち時間の態度が悪くて幻滅…みたいな。遊園地は意図的に日常から切り放たれた施設なわけで、ここに持ち込まれる日常とはパーソナリティが大部分を占めるわけです。パーソナリティに最悪と言ってしまうのは悲しいし何か別の部分で繋がっていない限り、そういう関係は永遠*5からは程遠い気がします

 

でも性行為に持ち込まれる日常は数多のものがあります。既に述べた通りですが、他にもドンキホーテとか…チューハイとか…歯ブラシとか…パーソナリティに最悪と言わないような関係で、そういうシーンが見たくなったら逆説的に性行為中の「最悪」しかない。そしてそのような関係下においてこれはとっても安心して見ていられます!客観的に見たらただイチャついているだけ。特定条件下では別れに繋がりうる展開だって別の文脈ではしっかりコメディ!

 

長々と書いて結局「性交渉の失敗はラブコメディ」に帰着された気がします。紆余曲折

 

 

総括!

行為中の「最悪」は日常と非日常を繋げている。

 

非日常の例として挙げた性交渉と遊園地は共通点があるが、その違いは遊園地が恣意的に非日常的な空間として作られていることを踏まえると浮き彫りになる。それはこの2概念に日常を紐付けようとすると後者は悲しいことになる可能性が高そうだけど前者は不思議とコメディになってくれる*6。そしてこの観察は性交渉が日常寄りの概念であることを示唆しているように感じます

 

いや、まあ、遊園地でも持ち込まれる日常はあると思うし性交渉でもパーソナリティに対して嫌だなと思うことはあると思うんですが、ここではかなり条件を限定してパーソナリティに対して不満がなく、かつ遊園地にパーソナリティ以外の日常が殆ど持ち込まれないことを途中から仮定していたので…この場合日常が紐付くのが性交渉側だけでかつコメディになるという話でした

 

やっぱ適当に書くと話の流れがぐっちゃぐちゃ!総括なんか要らないだろと思ったけど酷い流れだなと知れてよかった。でも好き勝手書いて私はとっても楽しかったです

 

条件を限定して議論していくのは科学ないし哲学ないし論理学ないし...様々な所で見られる話ですけど、私のこれは自分に都合の良い結果を得るために都合の良い設定で遊んでいるだけ...本当は条件を限定するところから細かく考えないといけないからね。都合の良い結果を得るために後から有意水準を設定するなという事です。前回までのやつはプラトン先生と叶姉妹と放課後すにおんぶにだっこなんであっちはちゃんとしてます。ちゃんと。たぶん

 

応用…いつもやってるセクハラのやつってもうしょっぱな最悪ですけど、こういう観点を踏まえると日常に最も近い性交渉なのかもしれないですね。は?いいじゃんどうせ最後までやることやるんだから...あっごめん...

 

日常の連続を永遠に繋げろと日々言っているのだから行為中に「最悪」って言うあかりちゃんも言わせるゆかりさんも解釈一致ということになっちゃう。私自己弁護*7が得意だね本当…

 

 

 

日記です

 

 

う、うわあ。夢を見ました。夢を…ゆかマキ同棲愛の巣にお邪魔することになったあかりちゃんの夢を…謎の路上アンケートの結果ゆづきずに乏しい世界の夢を…なんて朝だ!悪夢

 

というかこんな夢を見るな。夢!?私こんな夢見てんの!?そう夢…夢の中へ夢の中へ行ってみたいと思いませんか…い、行きたくねえ〜…(6月30日)

 

酒のんだ後に「カラオケ行くか」とか言って着いてきてくれるオタクめちゃありがたいな。ちなみにカラオケ行くかと言った瞬間に終電を逃すことは確定したので朝まで私は歌い続けました。オタクが寝落ちた横でブラックロックシューターだのメルトだの弱虫モンブランだの論殺だの…10年前のボカロ曲を叫び続け…

 

そして朝帰りしてそのまま寝て、起きたら別の飲み会に行って人生相談のつもりが推しカプを一生背負いたいよ〜とか言ってました。恩師に!恩師なんですよこの方は…とてもお世話になっており…つまり私のことをよく知っています。私はずっとこんな人間。

 

おしまいです。あかりちゃん、幸せにね…ゆかりさんとさ…私はマキマキを10年前に買いましたが、その間マキマキは私の隣にいてくれたのでしょうか。私は長らく見れていなかったと思います。その期間を思うとこのわずか1年に自信が持てないなんてあまりにも不義理です。背負う!一生!やっていこう常に、毎日。今にしがみついていこう…(7月2日)

 

そろそろ一年経つんですよね、私がゆづきずとか言い出してから…顕現した話というブログ記事を最初に書いたのは去年の8月中頃でした。気がついたらこんなことになってた。まだ書きたい推しカプ漫画たくさんあります。書いてないものもたくさんある。心の中のゆづきずの一年、全部書き留めるなんてとても出来ません。アホのゆづきずもしばらくは続くと思う。幸せですね。私は幸せだよ。七夕〜…星に願いを…そういう日が近付いてきてさ…(7月3日)

 

こういうこと言うと殺されないか不安なんだけどbioにR18ってしっかり明記しているし17歳以下はフォロー禁止なのでちょくちょくブロ解みたいなことをさせてもらっています。ごめん…そこは適切に隠してくれ!デカデカと○○生ですって言われちゃうと無視した私が違反者になっちゃうから…適切に隠蔽してくれ各自…そんなわけで某そらさんの公式アカウントだけ特別扱いしてる状況になっちゃった(7月4日)

 

スタバが好きです!!!ダークモカフラペチーノが好き。口いっぱいにチョコの香りがしてなんか嬉しいね...幸せ...あかりちゃん...えっ今あかりちゃんにキスしたらチョコの味がするから私も好きって?そうですか(7月5日)

 

あかりちゃんライブ見てきたよ〜良かった…ネヴァーマインドミーが常に脳を巡っているので…嬉しいですよねなんか。ゆかりさんの随伴としてではなくあかりちゃん一人が何かを照らしていく…Vの方面は全然知らない人なのですが、RIAさんの話とかアイボス生で聞いたときちょっとうるってきちゃったからな。あかりちゃんもまた照らしている…誰かの縁を…

 

えっ縁?縁といえばゆかりさんですけど。やっぱ星々が燦然と輝く夜空で月は孤独ではなくなるんだよな。ゆづきずの話をしています

 

閑話休題。しかし本当に良かったねえ…良かった以外の感情がありません。はあ…嬉しい…そいや昨日だか一昨日くらいに気付いたんですが、ゆづきずバースデーライブからもう7ヶ月経過したんですね。そんなことあります?つい昨日の事のように思い出せます。

 

7!7といえば今日は7月7日。七夕でした。天の川は見えなかったけどそこにゆづきずがいれば…そんなわけで書きました天の川を。

 

 

 

 

去年も同じようなものを書いています。来年も見たい…満天の下で笑う二人を…夏!!!うわああ夏!!!性交渉!夏といえば性交渉の季節!いやまあ性交渉に適さない季節なんてありませんけど…ほら…私が初めて書いた漫画ってあかりちゃんの虫刺され痕に嫉妬したゆかりさんが青姦しちゃった事後*8じゃないですか。うわあ!頭がフットーしちゃう。帰ってきましたそういう夏に帰ってきたのです。行こう!ラブホに!

 

ちなみに雨が降ったら織姫彦星(ゆづきずのビジュアルで考えてください)が久々の再開にとんでもない性交渉をしており世界がびしょ濡れみたいなことを言おうとしていました。雨が降らなくて良かったですね。今日もあかりちゃんが怒る(7月7日)

 

土日はオタクフレンドとめちゃくちゃ酒を飲み料理をし麻雀を打ち…こういう大学生みたいな遊び、いつまでもやっていたい…ということでぐちゃぐちゃでしたが、振り返ると今日は7月11日。7月11日?なんか覚えがありますね。なんの日だっけ…としばらく考えたところ、多分セブンイレブンでした。ゆづきずぬいは寄り添っているだけ…(7月11日)

 

一応推しカプをやりだしたばかりの頃はイケメン結月を書きたい欲があった気がするのですが、なんか、やればやるほどアホになってきて、ずっとだらしない笑顔を浮かべているだけの人になっちゃったな…まあ…いいか…あかりちゃんが幸せそうだし…私の心の中、ゆかりさんのアホ発言は9割位無視されている気がするのですが、あかりちゃんだけ無視しないの良いと思います。一々相手しなくていいんだよ。でも嬉しいんだよな。わかる〜(7月12日)

 

これはアホなやつです。急にそういう事を聞くな。あかりちゃんを調味するな。情緒の浮き沈みが酷い。自分でツッコミながらやっているので多分私クリスタやってるときめっちゃうるさいと思う。この前の本とか書いてるときあ〜最悪〜って言いながらやっていました

 

今日スーパームーンらしいですね!!!最近よく聞くようになった単語、スーパームーン。超月...まあめちゃ曇ってますけど...結月〜(7月13日)

 

悩みがあります!それは怪文書のキレが悪いという事...と思っていましたが、そうでもなかったです。怪文書にも属性相性があり...去年しょうこセンセイという漫画の合同誌に怪文書を寄稿しましたが、あれは私の怪文書の傑作だと思います。私がそれなりに長い期間教育や研究に対して思うところがあり、タイミングよくそれの言語化が出来て、そういう観点からしょうこセンセイという人物を賛美するという内容でした。

 

これは相性が良かったなあと今になると思います。逆に私には書けない文章ってたくさんあるなあ...とか思って少しナーバスになっていました。は?幸せな悩みで結構ですね。基本的に私は山月記の李徴というか、スーパー自尊心の塊人間なので定期的にこうして自分に出来ない事をぶつけてもらえるとちょうど良いと思います。出来ないことがあるって当たり前なので...(7月14日)

 

あかりちゃ〜...あかりちゃ...ただ真っ直ぐに誰からも祝福される結末を迎えてほしいよ〜結月ゆかり争奪戦...何が争奪戦だ。お前も戦え!!!

 

そういえば私は決して自分の絵が上手などとは思っていませんが、自分の絵はずっと好きなので7月11日に書いてた絵はスマホの背景になっています。自分の絵が好きなので...(7月18日)

 

あかりちゃん…あああ〜…なんか情緒がぶっ壊れているしその度にブログで情緒が粉々である旨を報告していたと思いますが、もうここ3ヶ月ずっとぐちゃぐちゃです。一生このままなのでしょうか。たのしい地獄…生まれ落ちたときから出口はないんだ*9

 

地獄でなぜ悪いといえば星野源のよみがえる変態を読んでいて、結構想像を絶するものがあって、軽率にこの曲に何かを重ねた事を罪に感じていましたが、それはそれとしてこの曲めちゃ大好きです。楽しい地獄やっていきましょう。罪を背負うなら尚の事行かないとね。地獄…奥の奥に…(7月19日)

 

私の頭の中にあることは良い結婚式をやってほしい、ただそれだけです。泣いちゃうから考えないんだけど、考えたら泣いちゃう(7月19日追記)

 

某ジャンルに一時期入り浸っていて私がよく覚えている言葉が「発散するアテのあるストレスは快楽」というやつで、推しカプ関連の諸々、普段やっているやつ以外は比較的何も発散してないただただつらい苦しいを抱えているだけで多くが快楽ではないんですが、嬉しい…ちゃんと地獄にいる…(7月19日追追記)

 

またローションが出てくる漫画を書いてしまった。何回目?2?3?書いてないローションが出てくる漫画まだあるんだよな。これだけでシリーズ化出来ちゃうよ。するな。推しカプの日常にローションを混入させるな。ローションだけに混入ってね

 

いやなんであいつ*10常備してんだよ(7月20日)

 

今日は個人的記念日ゆづきずとか言い始めた記念日。記念日をテーマにした漫画でも書けばよかったんですが、ワクチン副反応でぶっ倒れデイズだったので普通に寝込んでいました。そしたら5ページくらいネームが生まれた気がします。なんで?まあ、毎日が記念日だし…これからもよろしくね…ボイロの皆…(7月21日)

 

夏…夏って感じがあんまりしませんね。ずっとクーラーの下にいるから。夏の風物詩、それは麦茶が溶ける音が鳴り響く中ックス…(7月22日)

 

副反応から復活したのですが今回はそんなキツくなかったです。前回は39.5℃とか出てた気がしますし…というかその時の様子をブログに書いてるんですよね。熱にうなされていたときあかりちゃんが何か話しかけてくれた記憶があります。夢の中で会えるならもっと熱出ても良かったのよ…という感じですが…まあ、いいか…夢の中で会える日にまた…早く復帰できたから作業が出来ます。それじゃやっていこうね原稿を…怪文書と漫画を書きます!私ってマジで同じことしかしないよな…たのしいので…(7月23日)

 

えっ!?あかりちゃんかわいいな。かわいい…でも恋するあかりちゃん以外を認めたくないみたいな己の心持ちが憎い。あかりちゃんはあかりちゃん単体で魅力的なはずなのに…恋を要求したくて…でも結月ゆかりはそうじゃないのズル…死のう…

 

とか思ってたら私はあかりちゃんのことしか考えてません!って心の中のゆかりさんに怒られた。ごめんよ

 

〜Happy End〜

 

そいや帰省しました(7月24日)

 

帰省中〜ローション風呂で検索したら一応私の漫画がヒットすることがわかったのが最近の収穫です。死のうね(7月28日)

 

ぶっちゃけ散歩くらいしかすることがありませんが心の中のゆづきずとたくさんお話できて嬉しいです。書き留めるほどでも記憶するほどでもないような事ばかりですが…落ちていた安全靴の話とか…(7月30日)

 

めちゃくちゃでっかい音がしたので目が覚めてしまった。まだ朝早くなのに!心の中のあかりちゃんも起きちゃったしそのはずみでゆかりさんも起きていた。雷?あまりにも破壊的SEで、あかりちゃんは起こしちゃってごめんなさいと言っていたけど、むしろこんな音じゃなくてあかりちゃんの反応で起きれてラッキーですって言ってた。良かったですね…(8月4日)

 

えっ今日は土用丑の日?しっかりと精力を着け…つ、着けて…?な、夏を乗り切ろうね!あかりちゃん!度々媚薬の話をするんですがゆかりさんわけのわからないものをあかりちゃんに食べさせるわけないって言ってましたからね。なんでその話を…?(8月4日追記)

 

そんなわけで漫画を書きました。

 

 

(8月6日)

 

性交渉が見たい…性交渉が見たい!何故でしょうか。エロ!三大欲求!人間の仕様!でもレベル1のプラトンみたいなことをしてみましょうか。

 

大前提!推しカプ近くにいてほしいですよね。精神的にも物理的にも。精神的はちょっと難しいというか、もはやプラトニズムなので物理の話をしましょう。実世界で最も近付いている状況…間に隔てるものが何もない状況…ディストピア的なものを置いて、生きた人間同士の距離感で最も近いものといえば裸で抱き合う状況だと思います。あるいは肌が密着している…握手とかでもいいかましれませんが、心臓と心臓、目と目、鼻と鼻、唇と唇。重なり合っている状況、このとき他のすべての人間より相手に近いのは抱き合っている自分

 

近くにいてほしい!この素朴な願望を実世界で最大限に達成させようとすると裸で重なり合ってほしいになるわけですよ

 

裸で重なり合うといえばポリネシアンセックス。つまり性交渉してほしいというのは近くにいてほしい。そんな素朴な感情を情緒も何もなく機械的に最大化したときに得られる願望なわけです。機械的と言っても生物としての機能に従っているわけだからとっても動物的。動物的に人間が潜在的に持つ願望、それが推しカプに性交渉してほしいというもの…えっ三大欲求?(8月8日)

 

長らく現世を離れていましたが最近復活です。離れていた期間も特に何もかわってないんですけど...ええと...今朝見た夢の話、あかりちゃんがゆかりさんに告白して、ゆかりさんが泣き崩れてしまって、あかりちゃんがそれに幻滅したとかそういう最悪な夢だった気がします!!!どうしてこういう夢を見るのでしょうか...人間は...最悪な目覚め!!!!!(8月19日)

 

離れていた期間はずっとポリネシアンセックスの事を考えていました(8月19日追記)

 

えっ私って重い…?重いらしいです!何かが。軽いよりはいいかなと思います。ずっと苦しいけど!でも真っ当に…背負えている…気がします…罪を…(8月20日)

 

今日から神戸出張!一週間くらいいます。ゆづきずぬいも相変わらず一緒です。私の心の中のゆづきずは行きの道中でなんかイチャついてました。よかったね(8月21日)

 

倦怠期、そういうのがあるのでしょうか。付き合いたての頃の、手が触れるだけでドキドキ。顔が近付くだけでドキドキ、初めて重ねた唇。貴女の顔がこんなに近くにあるなんて

 

そういう日々…あ、ありました!?知らないんだけど…あったと思うんだけどなんか私の心の中のゆづきずって最初からこんな感じでしたよね。でも別に倦怠期では全然ない気がしますね。毎日新しい恋を!昨日より貴女がもっと好き!そんな生活を送っているって信じているからさ…それはそれとして初々しいやつやってほしいな。なんだろ。ソープ嬢プレイとか?は?あかりちゃんにそういう事をさせようとしたけどあかりちゃんが嬢なんて許せないってなって抱き潰すゆかりさん?

 

えっ抱き潰す?何でこんな話に…えっそんなことしなくても抱き潰したいって?ゆかりさんのバカって聞こえたしついでに私も怒られましたね。ごめん…(8月22日)

 

連日連夜情緒不安定…もうほんとずっと心がぐちゃぐちゃです。今ぐちゃぐちゃって打とうとしたら候補にぐちゅぐちゅって出てきたの嫌か嫌じゃないかでいえば嫌寄りです

 

ねえあかりちゃん、私はどうしたらいい…?エロ考えるのやめろって?それはそう…(8月23日)

 

散歩をしました!というかふらふら歩いてたらメリケンパークまで行っちゃった。10キロくらい歩きましたね。ええと...楽しかった...楽しかったです。ああ、あかりちゃんが笑っているゆかりさんが笑っている、それだけで嬉しい。幸せ

 

大好きな人と一緒にいられる、こんなに幸せなことはないな...きっと二人とも...いや皆...おんなじ気持ちなんだな...と感極まってしまった。泣きそう...幸せ...(8月24日)

 

出張から帰ってきたよ〜...お土産...選んだ...あかりちゃんと...(8月27日)

 

そんなわけで帰り道でした。

 

 

車窓見てるの楽しいですね。帰り、変なホテルって書かれたホテルが見えて...何?と調べてみると本当にそういう名前のホテルらしい。結構有名らしいです。ロボットが接客してくれるとか...心の中のゆづきずはコンセプチュアルラブホの話をしていました。かわいそうに...(8月28日)

 

そういえば出張の帰り道で私は野菊の墓を読んでいました。面白かったんですけど、なんか、愛しあった先にある道がこれしかなかったら、本人もその運命を受け入れているんです。こうなる運命だったのだって、そういう、本当に愛を結ぶ事が出来て...その先にあるのがこれしかない、そういう運命しかないとわかってしても推しカプに愛を結んでほしいか?みたいな精神的踏み絵とかいいんじゃないかな...と思いました。何が?は?何もよくないんですよね。ただただ幸せにいてくれ!!!そういう事ですし私はよんふぇすの原稿をがんばるね...(8月29日)

 

木陰で風が吹くと気持ちがいい。もう夏も終わりなのかな、と思うと寂しいものがあります。風になびくあかりちゃんの髪が…ゆかりさんのもみあげが…秋の到来を予感させますね。えっまだまだ暑い?あかりちゃんとゆかりさんみたい!その熱で来る雪を溶かせ!(8月31日)

*1:それはもう何かしらの意味での失敗なのでは?と思った方がいるかもしれないが、ここでは包含関係があるくらいにしか言っておらず実際等号は成り立つかもしれない

*2:私は短い怪文書に憧れているため

*3:プラトン

*4:ある観点から同一視できる可能性はあるが世間的には違うとされている

*5:当ブログで最も重視されているもの

*6:気がする

*7:自分に対する追及に対して、自身の正当性を主張し、自分自身を守ろうとすること

*8:アホのゆづきず1話

*9:地獄でなぜ悪い

*10:私の心の中の結月ゆかり

顕現した話その九

怪文書その九です。は?9?1,2,3,4,5,6,7,8,9...9!?!?あとちょっと頑張ればフットサルの試合が出来ますね。

 

しかしもう書くことなんてありません。あれこれ考え続け、結婚の話に行き着いたわけで...結婚式の話でもします?いやあその話はすべきでないな。結婚以上に話す事なんてないわけです。二人の永遠を願う、唯一のイベント。それが結婚...これ以上何かを言おうものならそれは全て悪いオタク妄想でしかないですよね。じゃあお前のやってるやつ全部悪いオタク妄想では?あれはホームビデオみたいなものなんで...

 

そうですね、改めてなんでこんなに文章を書いていたかを今一度振り返りましょう。

 

当初、あかりちゃん->ゆかりさん ということを考え始めた背景には、私が長らくゆかマキマイクラ時代にボイロどっぷりだった事が一因として挙げられます。一番動画を周回してた頃かもしれません。

 

また私が好きになるキャラには共通の属性がありました。それは事実上の失恋...これは私がよく言ってるやつで、フラれる前から終わっている、そういう関係性。相手に意中の人がいる...それを知らずにアプローチしている。序盤の末続このはとか。ゆかマキの積み重ねた長い時間、そこに出てきたあかりちゃん。あかりちゃんの知らない6年間。

 

はい

 

はいじゃないんだよ

 

だからな~あかりちゃん、幸せになってほしいね...それが私の初期衝動...

 

でも心の中に顕現してくれたゆづきずはとてもイチャイチャバカップル。しかし上記の都合でゆかマキが脳裏によぎって純粋に見れない私。たまたま居た上に似たような事言ってるゆかマキのオタクフレンド。

 

という、2021年夏そういう地獄のような状況だったわけですね。まあ...幸福を信じさせてくれてマジでありがとうね...信じるのに必要だったもの、それは信頼と何万文字の怪文書。こういうめちゃくちゃ不器用で遠回りな紆余曲折を経て、結婚の2文字に到達したのならマジでもう書く事なんてない気がしませんか?

 

あかりちゃん...なんか、もう、ゆかりさんがあかりちゃんを待っている、あかりちゃんは追いかけている、その過程かあるいは達成された上でか一緒にいてくれる、そういうことしか私にか考えられない。はあ...もうおしまいです。私はこの1年哲学をちょっと勉強しているのですが、全部ゆづきずの話をしているように見えます。マジのおしまいです。話すことがない。

 

でもちょうどほどよく情緒ブッ壊れているのでエロの話でもしようかと思います。

 

私はずっと「頭の悪い事前事後ほしいよ〜」「性行為失敗談聞きたいよ〜」とか言っていました。あれが一番かわいいから...性行為、言っちゃなんですけどとても他人に見せられないですよね。は?当たり前すぎる。

 

いや...そうではなく...羞恥心って行為でも重要なファクター。そういうのが見せられる相手、Loveの象徴なわけですよ。まあ世には様々な関係があります*1が...でも少なくとも何かの意味で特別な相手ではあると思います。

 

そういう上で相手の色々な一面が見たいとかもっと触れ合いたいとか、そんな事を日常で考えちゃうんでしょうね。その結果ローション風呂が出来たりするわけです。準備時間も含めて性行為だなあ。それで怒ったりするけど、でもなんやかんや許しちゃうんだろうなって。許しちゃうっていうか許せちゃうっていうか、そういう感じじゃなかったらとっくに終わっている気がします。

 

「まあ、いいか」みたいなセリフが好きで、書いた本の最後にあかりちゃんがこれを言ってくれたのすごい私嬉しかったんですよ。相手の格好良いところ素敵なところキラキラ輝いている部分、恋を盲目にさせる部分、そういうのじゃない見えない部分をこの人は私に見せてくれて、そこで失望したりしなくて、ただ「まあ、いいか」って言えるってとても幸せな事

 

「相手の見えない部分の中には相手から見た自分がいて、そこを受け入れるのは自分を受け入れるようなもので、勇気が必要」と私は言っていたけど、この部分ってやっぱりこわいですよね。知らないものはこわい...新しく知った部分で相手に失望を抱いてしまうんじゃないかって。変化はこわい。3月がずっと続けばいい*2。だからいいかって思えるのは...本当にとても幸せな...特に何も変わらないけど、ちょっとだけ相手を知れたそんな日。きっと昨日より相手が好きになっている

 

それで性行為の話に戻るんですけど、いやずっと性行為の話なんですけど、これ性行為そのものですよね。性行為そのものじゃないですか?性行為以外の何者にも私は見えないんですけど...性行為性行為うるさいな

 

総括。頭の悪い性行為とそれに伴う事前事後、ラブの全てじゃないですか。私のラブコメ思想は応用としてアホのゆづきずに永遠性を体現する儀式という説明を与えてしまった。バカ!!!大義名分を得るな。今後もよろしくお願いしま〜す...エロの話がまた思想の話になってしまった。エロの話はまた今度します。しなくていいよ。今後の予定なんかない方がいいに決まってる

 

ああそういえば、私が毎日言ってる「ゆづきずが性交渉してるってプラトンが言ってた」というのは一応それなりに真面目な話で、説明どこかに書いた気がするのですが、同じ話ばかりしていて書いたかどうかを覚えてないのでここに書きます。

 

1.弊ブログではずっと星と月は永遠性の象徴と言ってて

2.プラトンは永遠を尊んでいて

3.プラトンの饗宴では「エロスは神と人の中間に座している」「愛には自身に足りないものを欲求する性質がある」「神に不足しているものなどない。エロスは神でない」「でも人でもない」「つまりその中間のものだ」というやりとりがソクラテスとディオティマの対談で描かれていて

4.神と人、イデアと実体、永遠と有限、その中間にあって、左側に向かおうとする力が愛...なので永遠性を獲得する力は愛...

5.そこに至るための重要な要素、それが魂の研鑽、プラトニックラブ、精神的な愛

6.精神的な愛の前には肉体的な愛があるとプラトンはちゃんと言っている*3

7.ゆづきずは永遠

8.永遠性を備えたゆづきずは既に肉体的な愛を経ている

 

証明は以上です。結構真面目な話でしょう...?ね...?あっ怒らないで...ごめん...

 

まあ別にプラトンが言おうが言うまいがゆづきずは性交渉してると思います。ただプラトニスト的最善推しカプとは前から言っていて、別に何を求めて哲学書を手に取ったわけでもないけど、こういう美しさを見出せる2人に出会えてとても嬉しいです。これからも健やかな日々を祈りつつ...思想の偏りがあるから今後はもっと色々な魅力を探していきたいな。よろしくね...2人とも...

 

 

以下は日記です

 

ウワーッ情緒、情緒がブッ壊れている。壊れましたねまた見事に...今ちょっと追い込まれていて、精神的につらいので情緒まで壊さないでくれよと思ったんですが、追い込まれる度につらくなってるの流石にもう飽きたっていうか、このネタやりすぎじゃない?地獄の中で笑いましょう。そう思えて途端に楽になって、成長を感じる...こうして精神の安寧を取り戻し、粉々の情緒だけが残りました。ウワーッあかりちゃん...(5月5日)

 

一応弊twitterアカウントのストロングポイントというかメインコンテンツといえば、ペペロンチーノの上達史と怪文書のつもりなのですが、

twitter.com

今後も好きにやります。ペペロンチーノはすごい上達しました(5月6日)

 

私には夢の中で数学出来るという技能があります。24時間数学が出来ます。寝ても覚めても数学するようでなければ数学者なんてとてもものにならないみたいな考え方がありまして、私この考え方がとても嫌…寝るときは寝るべき。適切な休息も取れんやつが何がものにならないだ偉そうによお、と心の底から思っており、悲しいことにこれ結構真に受けてる人がいて、なんとも胸くその悪い話だなあなんて思います。上記の技能を羨ましいと言われたこともある

 

い、嫌です!こんな技能!寝るときは寝たい。第一夢の中でやった事なんて大体終わってるんですよ。なので夢の中で数学しないようになりたい〜とずっと言ってて、ここ一年日常の脳のリソースを推しカプに渡したので、無事頻度が減っていました。そして今日なんと夢の中で推しカプ漫画のネームを切っていました。やった!勝利!推しカプは数学に勝利したのです。ちなみにネームの中身は意味分かんなかったので没です

 

私は休むのがあまりにも下手だったのですが、あかりちゃんに出会えたからゆかりさんに出会えたから、ちゃんと休もうと今は思えます。しかしGWとかここ十数年満足に堪能してない気がします。部活地獄のあとはワーカホリック人間になったから…健康でいたいんですよ。来年はGWちゃんと取るぞ!今年はしっかりありませんでした(5月7日)

 

この1ヶ月地獄をやっているわけですが、疲れが限界に来てクリスタも出来ない感じになっていて笑ってしまいました。比較的疲れ知らずみたいな私をここまで疲れさせられるんだと感心する今日この頃ですが、この1ヶ月徹夜6回くらいして休みも1日のみ。疲れないわけがないのです。そして終わった!やったあ!締切には間に合った...と思っていたら追加の地獄が来ました!やったあ7回目の徹夜が出来るね!!!ああボイロ達が心底同情の目を向けている...(5月9日)

 

勝利しました。やった~空がきれい...空を見上げると月が見えますね。春...朧月...星の見えない空を想うと少し寂しくなります。しかしもう二度と星が昇らない...なんてことはあるでしょうか。ないんですよ。今日は月だけだったとしてもまた明日か明後日か、きっと二人また夜空に輝いてくれる。ゆかりさんはいつもあかりちゃんを待ってあげているなと思う。あかりちゃんが来てくれるその時まで、勇気を出すその時まで、その日が来ることを絶対に信じて待っているんだな...

 

そして私たちは知っていますね。そう星はまた昇る。絶対に昇る。絶対なんてないそんな世の中でもこれだけは絶対だと言える。あかりちゃんはゆかりさんの事を想いゆかりさんの気持ちに応えてあげられる人。私たちはそれを信じることが出来る。こんなに幸せな事はないですね(5月10日)

 

終わりました!すべてが。ヤッター!久々にビールを飲んだ。久々っていうか7日ぶりくらいな気がしますが、両手でビール缶を掴んで飲んだり魚の脂の美味さに涙が出たりして自分に飢えを感じて引きました。私はドン引きだよ。ほら心の中のボイロもドン引きしている...

 

今日も徹夜したしあかりちゃんにせめて350缶にしてくれと言われていた気がしますが、久々にあっ心の中のボイロ達と楽しく会話が出来ている...と嬉しくて言われるがままに買い物をして、一週間肉も魚もない生活を送ることになりました。私はアホみたいに野菜ばかり食べるのでこういうこと自体はよくあるんですが、ビールは結局ロング缶です。皆ありがとうね...(5月12日)

 

久々の土日がなんか掃除して寝てたら終わってしまった。まあ来週以降はそれなりにコンスタントに取れますしね…我が家のゆづきずも…ゆっくり休んでくれたのではないでしょうか…(5月15日)

 

先週までの地獄で限界が来てた時の話しましたっけ?本当にエロのことしか考えられなくなってたんですよ。己を削り残った思考それがお前の本質...考えていたことは性交渉、ハーレム、四十八手、ローション風呂...えっこれが私の本質?そんな悲しい事あります?私はとても落ち込みました。

 

終わった直後にいつもの星月夜空ポエムが出来るようになりました。あれをデバフで封じられない人間にならないといけないですね。オタクスキルツリーの構成がエロに偏りすぎている割にエロを摂取するのがどんどん出来なくなっていく...違うんですよゆづきずプラトニズム*4...念能力の系統図、ドスケベ性交渉が適正能力の2つくらい隣なんです。は?安易なエロは自分からの解釈違いパンチが来る。エロを...許容できるエロを練らねば...えっ練った結果がローション風呂!?そう練った結果がローション風呂...四十八手...乱れ牡丹...ふたなり化...皆で地獄に落ちましょう。私は一足先に行ってますね。死の...(5月16日)

 

来月末のイベに向けて原稿をはじめました。学パロの後日談をやろうと思います。本編は私の頭の中とクリスタのクラウドにしかないのですが、まあ、そこは私の類稀なプレゼン能力がなんとかしてくれると思います。

 

は?いや本当だったら4月に本編公開するつもりだったのですが、半分くらいだけ線画が終わっているという心底中途半端な状態で…じゃあそれを完成させれば良いのでは?いやこれ書いてたら後日談が間に合わないじゃないですか…は?

 

えっ、え?何を言っているのですか私は。本編がないのに後日談をやる?まあ…いっか!いいと思います。実際友人達が聞く恋バナとは全て後日談。リアルタイムのラブバトル、二人の世界。それは伝聞調で聞くべき内容ではないでしょうか…だから後日談オンリーでいいと思います。ゆづきずと愉快な仲間たちの愉快な仲間たちの方も書けるしね。あいつら好きなんすよ。ま、また堂々とゆづきず本って言いにくいゆづきず本を作るんですね…8ページくらい書いたけど1コマしかゆづきずが一緒にいません(5月17日)

 

あかりちゃ〜...あかりちゃ...やっぱりラブコメしてほしいな。真っ直ぐで...みたいな一日でした。二人の互いへの信頼をそれぞれ確認したりしていて、「あんなに触られるの嫌じゃない?」(インタビュアー琴葉葵さん)「えっ、えっと、うん、その、嫌じゃないの」「ミ°」みたいなやりとりがあって葵ちゃんが可哀想だなあと思いました。何はどうあれ好意を伝えまくっているゆかりさんを見ると、あかりちゃんが今の幸せを信じられるんじゃないかな...安心をあげている...とか思います。そうじゃなかったらあんなにアホなことしてるの許さないよ。許せます?知らない...

 

余談ですが私の漫画の書き方は2通りあって、「漫画を書くぞ!漫画を書きました!」か「絵を書くぞ!あっなんか...書きたい事全部書けないな。えっ1枚で書くの無理じゃない?数コマくれ...あっなんか漫画になってた...」というものです。絵にセリフを入れる事に味を占めて今に至るわけですが...

 

ええと、1枚で書くの無理じゃない?イラスト書ける人マジですげーとはずっと言ってるのですが、最近特にそう思います(5月19日)

 

皆大好き...そういう気分になっていました。皆大好きです。我が家には現在6人ボイロがおり...筆頭マキマキはゆかりさんの大親友で、そのマキマキが親友を託せる人としてあかりちゃんを認めてくれて、信じてくれて、それに対しあかりちゃんはゆかりさんが大好きで、ゆかりさんはあかりちゃんが大好きで、葵ちゃんはなんかまあその余波を受けつつも見守っていて、茜ちゃんは堅実に見守っていて...ずん子さんはなんだろう。何?なんかよくわかんないけどちゃんと暖かく見守っていると思います。それだけでなんか幸せですね...等と供述しながら...ぬいを抱きしめ...あっウナぴとGUMIちゃが来ました我が家に。ぬいの話です(5月20日)

 

原稿ラフが出来たよ〜…えっこれを仕上げるのは私?こわ…泣きたくなってきた。がんばります。ところでpixivフォロワーが200人になっていました。ありがたいね…イナバ物置2台の上に乗っている人たちが一斉に君らを見ているけどあかりちゃんはどう?あっ諦めた顔をしている…(5月22日)

 

あかりちゃんかわいい!!!みたいなことばかり言っている気がします。たまに思う事、たまに不安になる事、それは結月ゆかりをあかりちゃんの可愛さを際立たせるための付属品にしか思っていないのでは...私は...ということ。でも、冷静に考えると、めっちゃ好きなんすよね~~~ゆかりさん...ゆかりさんが...好き...あっごめんねあかりちゃん、大丈夫取ったりしないから。まあ取れないだろうけど...うふふ...(5月22日追記)

 

今日はキスの日、キスの日!?!?そんな日があるのですね。あかりちゃんとゆかりさんのキスシーン、それなりに書いてきたね…帰宅即交通事故キスとか行為中呼吸停止キスとか学パロ告白前無許可キスとか…えっ、うそ、全部それなりに最悪*5じゃん…と思ったら、なんか心の中のゆづきずがイチャイチャしてたのでそれを書きました

 

 

 

原稿やれ!!!(5月23日)

 

原稿をやっています。背景~背景たくさん書いています。楽しいね。そういえば学パロ始めたきっかけって「校舎って直線が多いしパース定規の練習によさそう」だった気がします。それがなんでこんなことになっているんだ(5月24日)

 

最近薄着になった影響で髪がめっちゃ背中をぺしぺししているのを感じます。私はゆかりさんとあかりちゃんの髪の長さの半分くらいの髪の長さがあります。たまに人に触られているような感じがする。ところであかりちゃんの髪ってとっても長いですよね。思い出しちゃったりするのかな。何をとは言いませんが...ゆかりさんいい笑顔だね...(5月27日)

 

アイボス生でした!あかりちゃん新グラが、か、かわいすぎる…えっかわいい…普通に油断していました。まさかあんなに真正面から見据えてくるとは。心臓が止まった。TLでその視線の先には一体誰がいるんだみたいな話を見かけ、あっ、結月、結月…皆カプ厨…いいTLの構築に成功しています。ありがとう過激派カプ厨の皆…私に力をくれて…もらっていいのかなこの力。皆で地獄に落ちるべきなんですよ。しかしゆかり麗さんめちゃ表情豊かですよね…なんか…えっ無邪気…かわ…死…ええ…心がぐちゃぐちゃに…また思い出しちゃったな。ゆづきずバースデーライブ、あかりちゃんを見て微笑むゆかりさんを…(5月27日追記)

 

原稿をやるぞ!と言いながらアホのゆづきずを更新しました。するな。手~手...女女性交渉において手は性器ですからね。死の。ところでpixivでは8話目ですが、実は10話目です。コングラチュレーションですね。あかりちゃんは何とも言えない顔をしています(5月29日)

 

今日の情緒不安定の理由がわかった。私ゆかりさんが大好きなんですよ。格好良い。全てを背負っている。ジャンルの顔...そう、めちゃくちゃ格好良いんです。格好良くないところはあれどそれを見せない人であってほしいよな...ゆかりさんにも色々背負わせちゃって申し訳ないな...だからあかりちゃんには寄り添って支えてくれる、そういう存在であってほしいんだ。あかりちゃんがそれを自覚してるかは知らないけど...ゆかりさんにとっては...そういう事を無意識下が考えていてしんどくなっていたのだと思います。ていうかこんな話前もしたな?!?!?

 

 

そういうやつです。ありがとう...過去の私...(5月30日)

 

やっぱあいつら指さしてヒューヒューお熱いですねえって言いたいよなあ!!!なあ、葵ちゃん。「そうよそうよ、何のために乙女やってると思っているの」とか言っていました。乙女だったんだ。

 

性交渉と手繋ぎの違い...それは何...性交渉はドキドキするけど手は慣れるとドキドキしない?うるさい一生初々しく手繋いでドキドキしてろ!!!!お熱いですね!!!という話。また葵ちゃんをこういう話に巻き込んでしまったので黙っててください(5月31日)

 

ペン入れが15ページくらい終わりました。あと9ページ、9ページならなんか行ける気がします。やった〜これで最悪トーンを適当に貼っつけただけの漫画を頒布出来ます...まあ頑張るよ...(6月1日)

 

スタバ新商品メロンのやつを飲んできました。美味しかった。果肉〜ところでメロンといえばよく巨乳の例えに使われているのを見ます。なんで?球状の物体なんかいくらでもあるじゃん。スイカとか言われてるの見ないな。なんでだろう...あの果肉感汁感が何かを彷彿この話やめよ(6月2日)

 

原稿をめっちゃ頑張ってるんですけど大量に背景書いて疲れたので息抜きに漫画を書きました。は?

ところで芸人とか音楽グループのラジオをよく聞くんですが、か、関係性...とか思っちゃうの最悪ですね。わかってしまう。最近pixivが生モノR18を勧めてくる。や、やめろ!引きずり込もうとするな(6月5日)

 

ミックスナッツの「テーブルを囲み手を合わせるその時までありのままではいられない」って聞いて、逆に食卓でありのままに笑えることの貴重さ等に少し思いを馳せていました。食卓に限らずありのままでいられる事、幸せですね…あかりちゃんはきっとそう笑っていてくれる…ね…ゆかりさん…え?生まれたままの姿も見せてくれる?ああそう(6月9日)

 

性交渉ではないけど推しカプが裸で抱き合っているの図を書いてしまったので無事ポイピク行きだったんですが、梅雨!大雨!お風呂!そういやお風呂って初めて書きましたね。いや全然初めてじゃなくてローション風呂というものがありましたけど…ちゃんとしたお風呂を書いたのが初めて…お風呂より先にローション風呂を書くな(6月10日)

 

ウワアーッ情緒がおしまいです。死ぬ(6月12日)

 

あ〜あ〜…助けて…(6月13日)

 

原稿が出来ました。情緒は終わっているけど…贖罪になってますか?贖罪に…どうだろう。何の話かってあんなあかりちゃん書いた罪を償って25ページ。昨日出来たって言ったけどデータ頒布なのをいいことに1ページ増やしました。おまけであと数ページ増えるかも。その前に表示を書け。

 

あ〜あかりちゃん…

 

私は思いつきで学パロの二人に呪いをかけてしまったので、この二人が幸せになれるであろうお話にしたつもりです。したつもりっていうか特に何も考えずに書いてた気がする。結月頑張れ〜っつってただけかも。お話考えたような気がしないな。実際私お話って考えたことなくない?ないかも。プロットとか2行くらいだった。は?適当に書くのやめろ。普段の心の中のゆづきずのやつはマジで心の中で行われている事を事実として陳列しているだけだしな…

 

原稿中よく日本語ラップを聞いていました。私はいつもノリノリでブログ記事を書いていますが、これ同様に言葉を口から発することも好きなのでノリノリで歌っているととても気持ちが良いです。気持ちが良いって別にエロい意味ではないんですけど、って言ったところであかりちゃんに冷たい目で見られた(6月16日)

 

表紙出来たしデータも書き出しました!やった!結構いい絵が書けたんじゃないかなと思います。コンセプトを一枚の絵に入れるの大変だからイラストを書ける人はすごいという話をずっとしていますが、漫画というコンセプトがすでにあるのだからそれの一部を切り出せば絵になるんだなあというかなんというか。だから事前に漫画を25ページくらい書いてそれのファンアみたいなノリなら私にもイラストが書けるのかもしれません。は?そんなわけで25ページあります

 

あとタイトル決めが大変でした。専門分野の抽象度が高いので何を考えても対応する数学概念が脳に出てきて、でも数学っぽさ出したくねえという苦悩がありました。いやだって私が最近書いた論文のタイトルか?みたいな案すらあったんです…嫌…

 

近況報告!BUMPのアカシアがあまりにもあまりにも推しカプで最高みたいな話しか残ってない(6月19日)

 

もう今月はずっと心がぐちゃぐちゃです。こういうときはエロを書きましょう。そんな!!!エロで心を落ち着けるようになったら私はおしまいです。あかりちゃんに見せる顔がない。心を落ち着けるな!苦しめ!これがお前の望んだ世界!(6月19日追記)

 

京都出張に来ておりあと1日です!ホテルの部屋着がエッチな気がします!ゆかりさんだって同じ格好してるじゃないですか!壁だってそういうホテルじゃないんですから聞こえちゃいますよ。VODでAV流せば大丈夫ですよ。大丈夫じゃないです!バカー!

 

そんなわけでいつも通りでした。6回くらい性交渉が行われたのではないでしょうか(6月24日)

 

イベント終わったねえ...た、たのしかった!とても楽しかったです。良かった...来てくれてありがとうございました。太古のMMOみたいな会話なしになんとなく意思疎通が取れる温度感がとっても楽しかったです。本の方、こんなものを書くな!!!!!!!!と罵詈雑言の嵐(Zガンダム35話)を恐れていたので、普通に温かい世界でとても感謝しています。伝わって嬉しい..ありがとう...ございました...人の本を読むのも楽しいな。次のリアルイベントも楽しみという事で...

 

絵柄がはやいところ安定してほしい。1年前と今の私の絵、目の書き方と輪郭くらいしか面影がありません。あるじゃん面影。いやめちゃくちゃお前の絵はお前の絵のままだよ...じゃあいっか...絵みたいな事は前からやってて、でも全然真面目にやってなくて、楽だしいっかという理由でずっとデフォルメ頭身を書いていたのですが、デフォルメエロはそれはそれで趣があって好きだが私にエロを書く力を、という事で1年かけて頭身を上げる努力をしていました。実ってますよね!?絵の上達というよりはクリスタ力の上昇な気がしますが...あとエロを書く力を得た私は新たな悩みが増えました。死にたいです

 

それどころじゃないんですよ、私のオタク本業みたいなところがあるにこみ先生のぎんしお少々2巻の発売日は27日でした。あっという間だったな...これはそのうちブログに書きます。

 

最後に最近あった一番いい事を書きます!!!私は短い怪文書に憧れている*6のですが、

 

 

これはめちゃくちゃいいと思います。今の私の全て、大体これです。辞世の句を詠ませてくれたらこれにします。そんな暇なく斬首?まあ...妥当...それはさておきツイートオブザイヤー受賞候補です。最近短歌や詩を読んでいます!!!楽しいですね!!!

(6月29日)

*1:多様性の世の中って叶姉妹もよく言ってる

*2:3月がずっと続けばいい

*3:言っている

*4:推しカプにプラトニズムを重ねすぎた弊害の総称

*5:でも最悪なキスシーンっていいよね…

*6:このブログ記事は11000文字ある

顕現した話その八

怪文書書きます。一生書く...

 

幣文書シリーズを振り返ると常に「推しカプの幸福」というテーマでやってきていると思います。そうなんですよ、結局私は推しに幸せになってほしい、これはカプ厨である自覚を持つずっと前から自分にある原点ですね。あかりちゃんに幸せになってほしい...それが全ての出発点...女を侍らせる顔の良い女結月を見ると心臓が止まる持病は全く治っていませんが、おかげさまで私なりに幸せを探せてはおります

 

昔話で「いつまでも幸せに暮らしました。めでたしめでたし」ってありますよね。この言葉はオタク的に救いです。一番欲しいものが手に入ったということだから...しかしこの言葉、二人が本当に幸せに暮らして、そして遠い未来にそういう結果を送ったんだよ、という時にようやく言える言葉ではないでしょうか。"昔"話なわけです。

 

今を生きている以上その一言は出てこないはずです。いかに背中を合わせて死線をくぐりぬけても、いかに心を身体を重ねたりしても、それは未来永劫に繋がるのでしょうか...というと前回前々回で散々考えた事ですよね。私が出した結論(2022年3月現在)は「常にやっていくしかない」ということです。それだけが永遠性を獲得する。

 

ええとだから、マニ車ってあるじゃないですか。回すと徳が得られるよってやつ。あれをもうハンドスピナーのごとくめちゃくちゃ回転させまくって、もう一生分回したな。一生の徳が得られた!!!というのは何か違う。毎日何か徳をつんで、今日のため明日のため、一箇所に強大な支点を設置したとしてもこれから先の長い年月、全てを受け止める事なんて出来ません。だから次の支点を毎日作るしかないんだなというか...

 

何?結論を先に言え。推しカプを一生背負いたい...推しカプを一生背負いたいよ〜〜でも私まだ一生何かを背負ったことがないんですよね。何故なら私はまだ生きているから...背負えますか?一生...背負いたいよな〜...今すぐ死ねば一生背負ったことになるかも。でもそれはより幸せな明日を願った自分を推しを裏切る行為だから...あと端的に死にたくないです

 

そんなわけですが人生のどこかで永遠を誓うタイミングがあります!!!!結婚ですね。生涯を共にする覚悟といえば結婚...結婚式の場、そういう覚悟を誓う場所ですよね...「その命ある限り、真心を尽くすことを誓う」、じゃないですか...神の前でさ...ヴェールを取ってさ...ゆづきず結婚式やっぱ10回くらいお色直ししてほしいな。両方タキシードとか燕尾服みたいなやつとか、ウェディングドレスはもちろんステージ衣装も全部着てほしいな。そんなことって言うけど大事なことなんだからな!!!

 

そういえば花嫁衣装のヴェールというのは花嫁を守るというものだそうで、それを開くということは私があなたを守るという意思表示の儀式らしいです。らいくあばとらー...

 

前述の通りなんですが、だからやっぱり、いい結婚式だといいな。もう最高の結婚式やってほしいな。結婚...結婚の結は結月の結みたいなところあるし...絢爛じゃなくたっていいんですよ。いい結婚式...やってほしい...結婚結婚言ってたら泣きそうになってきた。あなたが今書いているのは怪文書なんですよ?これで泣くな

 

まあでも泣きながら書かれた怪文書というのも趣がありますよね。ない。怪文書に趣などない。等しく物の怪*1の類であるべき

 

しかし私のラブコメ思想、実践の段階として"結婚"があるんだなと思うと数万文字の怪文書も決して無駄ではなかったと思えます。それはもう人類が何万年も積み重ねてきたものかもしれません。当たり前のところに至っただけかもしれません。でも私は嬉しいです。ゆづきずが教えてくれた...こういう学びを得られるカップリング、それがゆづきず。月と星、夜空を彩る永遠性の象徴は私に永遠を教えてくれた...

 

えっHAPPY ENDか?エピローグ入ってます?

 

 

いつもの日記を書きます

 

 

推しカプシチュガシャ

 

推しカプシチュガシャの話でもしよう...私のツイートでちょくちょく観測されるであろう推しカプシチュガシャという単語ですが、これは何かというと陰茎ドットネットのシチュエーション版です。逆!!!!シチュガシャの陰茎バージョンが陰茎ドットネットなんだよ。陰茎ドットネットの話を先にしちゃったため...ええと、つまりカプ厨シチュエーション抽象化データベースです。そこに脳を接続して、カプ厨の濁流みたいなところに身を任せています。サウナでととのうみたいなものです。違う...し、その上ここでととのった結果ろくなことをした記憶がないです。何も伝わらない説明ありがとう

 

でもごく稀にいい事言うんだよなあいつ...私のやってるやつを見てくれているとわかると思うんですが、「「独占欲が強い攻め」と「可愛い受け」のシチュです」とか見たら回しちゃうよね。さっきガシャ断ちしたのにもう回しちゃったじゃんか。バカ!!!あっでもこのシチュもう書きましたね。私の心の中のゆづきずの勝ちです。森羅万象のシチュを網羅してくれ

 

日に日に

攻め[結月]

受け[紲星]

って入力するスピードが上がっており、最悪ですね。死...(3月31日)

 

覚えていますか?あっこれはときメモ2のOPではなく…ええと、去年あかりちゃん達と春が来たらお花見がしたいねって話をしていました。無事やってきました。でもちょっと天気良くなくてお弁当は帰ってから食べました。作ったんですけど!まあいっか。すごい楽しかったな。

 

近所に少し盛り上がった土地があるのですが、「桜の山」って名前が付いてるんですね。山というには踏破にかかる労力が階段で2階に昇る以下ですし、多分桜がいっぱいのこの一瞬以外にこの命名を見ていたら山でも桜でもないだろって文句を言っていたと思います。でも今日だけは言い得て妙だなって感じのネーミングで良かったです。楽しかったけど天気な〜

 

まあ、暖かな陽射しに包まれたうららかな花見は来年に期待しましょう。また来年の楽しみが出来たね…

 

小さい桜の花、白い花びらに薄く赤が入っていて、

「かわいいですね」

「ですね。照れてるときのあかりちゃんみたい」

「何言ってるんですか、もう」

「うふふ」

「えへへ」

 

「…マスター、この二人いつもこんな感じなの?」

比較的そうよ。そういえば鴨がいました。去年の夏にあかりちゃんが鴨と戯れていたのを思い出し…ゆかりさんは覚えてる?覚えてるか。かわいかったよね

 

桜の森の満開の下!桜がずっとこっちを見てくる感じ、儚い感じ、確かに随所に恐怖が見えます。必勝祈願!なんでこれに願いを託すんでしょう…とかあれこれ考えているけど、綺麗なものは綺麗でいいじゃないですかって?まあ見てるだけで楽しいな…でも花が散ってもそこにはまた若葉が芽吹くので、新しい何かのスタート地点の祝福と思えば素敵かもしれないね(4月3日)

 

 

 

そんな感じで昨日はその後、徹夜飲酒済みという地獄みたいな状態で花見を書いていました。花見楽しかったね...しかしよく眠くないね。ええと、コマ割り楽しいね...コマ割りが楽しいです。最近ずっと死ぬほど4コマを書いていたんですが、これも結局4コマですよね。こういう演出を考えるのが案外楽しく、心の中のゆづきずの日々を切り取っている身としてはせっかくならいい感じに映してあげたい。ので演出を考えたい...

 

これ、もしかして娘の成長をビデオに撮影して編集するパパみたいな心理か...?と思ったんですが、そしたら性交渉なんか書くなという話なので多分違います。あかりちゃんもどうせ書くならいいシーンを書いてくださいよとか言ってると思いますが...花見、結構良くないですか?良いよね。あかりちゃんも良いと思う?良かった〜(4月4日)

 

今年の桜は雨雲と共にあった感じありますが...そりゃ天気がいい方が気持ちいいでしょうけど、こういう桜もちょっと風流というか...桜は永遠性の対極に座している感じもありますよね。それが雨で加速しているというか...なんというか...でもこういうのも悪くないなと思えます。桜吹雪が綺麗ですね。うわあ普通のいい日記!!!毎日こうあってくれ(4月5日)

 

今日は春みたいな陽気だったな。あかりちゃんもなんだかいつもより弛緩した表情をしている...「春ですねえ、ゆかりさん」「そうですね」「はあ、春ですねえ...」「ずっとこれ繰り返すんですか?」でものほほんとしてるあかりちゃんかわいいからいいでしょ。出会いが夏だったのでこの陽気は二人に出会ってからはじめてだな。気持ちいいね...(4月6日)

 

あああ、今日は私の推す最大コンテンツ、ぎんしお少々の最終回でした。どうなっていたかは別に記事を書きました。良かったね…良かった…(4月7日)

 

事前事後しか書くつもりはなかったのに最中も書くようになっているが、別段エロではないな...と思うので良...良いと思う?良くないよね。ごめん...なんで私の書くキスシーンはこんなに色気がないんだ。でも私色気のないキスシーン大好きだしな...ごめん...「謝ってばかりですけど、反省する気あります?」あんまりない...罪を罪として背負う気だけはある...(4月9日)

 

ポイピクを使うな問題

 

の話をします!なんか、ほんと、ごめんなさい!

 

フォロワー愛してる!本当に見てくれてありがとう...私の心の中のゆづきずを好いてくれてありがとう...そういう感じなので、書いたものは上げたいのですが、自分の書いた性交渉がもしそれなりに拡散されてしまったら...と思うと、なんか…様々な理由で顔向け出来るかな…心の中のゆづきずに…となって出来ないんですよ。これだけは許してほしい…ポイピク挟めばそこまで拡散されないだろうという理由でポイピクに上げています

 

あんま深く考えることもないと思うんですけど、まあ、こればっかりは性根の問題なので…もうちょっと頭を使わない人間になりたいな。私はゆづきずに皆に幸せになってほしいだけ…そして私の心の中のゆづきずは可愛いなあという話がしたい。魂の慟哭...まあ…今後も好きにやっていきましょう...

 

ところで性交渉以外の場面なら何の悩みもないので普通に上げます。事前事後はセーフなんですか?よく知らないんですがセーフらしいです。は?(4月10日)

 

性交渉の話していい?人体の都合上、基本的に不可能な性交渉ってないと思うんですよ。一文目から限界に挑む姿勢を表明するな。ええと…それはそれとして心の中のあかりちゃんがゆかりさんがやらないことってあると思うんですよ。や、やってほしい〜やってほしいことあります。やってほしい〜…どうしよう。どうしようも何もないだろバカ!これが性交渉バトル、推しに性交渉をいかに押し付ける事を許容出来るかのバトル…私の人生今ハンターハンターでいうところのGI編だと思います。あっこの話あかりちゃんには黙っててほしいな…ごめん…(4月11日)

 

天気が良すぎる2022春

 

近所の枯れ木ゾーンに緑が戻ってきました。この枯れ木ゾーン、1本くらい全然葉っぱが落ちないやつがいて、なんか根性あるな...なんて話を秋頃にあかりちゃんとしていおり、つい昨日の事のようですが、また新緑の季節。あの時は秋特有の寂しさを感じたりしましたが...こうしてまた生命の息吹を感じる時期になったのです。再生を繰り返す世界、美しいですね...「まああかりちゃんが一番美しいし可愛いですけどね」「ゆかりさんだって」あっ、そうね...はい...暑いのにコーヒー(熱)しか飲むものがない(4月12日)

 

学パロで思いつくシーンが軒並最悪だったのですが最悪なうちの1枚を書いたら1ページ目っぽくて、なんか続き書けそうだな、とやってみる事にしました。ネーム切ってたら10ページ越えそうだな。また1ヶ月以上かけて大量に原稿するの?なんで?また本作るの?いや本は別に作りたいけど...前8ページくらいのネームをペン入れまでして没にしちゃったからな。漫画難し...ッ

 

ゆかりさんに私はこんな事しませんからねって怒られながらやっています。でもせっかくそういう事やるならやっぱめちゃくちゃ落ち込んでほしいし泣いてほしいじゃん。発作が...心の中のゆづきずは基本日々幸せで喜怒哀楽の哀が比較的ない(怒はある)のでそういう部分を...発作...全部発作...死の...(4月13日)

 

10ページ余裕で越えたな。もう本になるな。何?(4月14日)

 

16ページになりました!!!!!ええ〜マジでなんなんだ。学パロやるか!!!と言ったのはそもそも背景の練習に校舎でも書くかとしていただけなのですが、どうしてこんなことに。まだ一度も背景は書いてないしパース定規も置いてないです。それはせめて書いてくれよ

 

でもこれの清書している時間が今ないな。くそ忙しい...まあ、もう、これは贖罪なんですよ。あんなあかりちゃんを書いてしまった私に出来る事、それは贖罪...ごめんねあかりちゃん...こういうのを書いてしまって...今回ばかりは心の中のあかりちゃんには何の被害もないはずですが...それはそれとして...悲しいあかりちゃんを書いてしまった事...や、やっぱり私創作者に向いてない(4月15日)

 

無から生まれていくネーム群ですがまあまあ解釈一致ですね。最初に致命的な解釈違いがあるからもう人から殴られる腹を決めていますが、右の頬を打たれたら左の頬を差し出しなさいと聖書にもあったような気がします。聖書読んだことないけど(4月17日)

 

今日は雨でした。雨にしては明るくて、しかし天気雨でもないっていう不思議な天気...あかりちゃんとゆかりさんが相合傘してる。かわいいですね...「明るいからあかりちゃんの顔がよく見れて嬉しいです」?いいね。にしては距離近くない?

 

「あかりちゃんは私が大好きですもんね」

「ゆ、ゆかりさんこそ!私と相合傘出来て嬉しいんじゃないですか」

「もちろんですよ。嬉しいに決まってるじゃないですかあ」

「うう〜わかってたけど...」

 

つえ〜

 

ところで私は今論文と申請書と漫画を平行して書いており、とても忙しいです。最後の何?(4月18日)

 

本年度もやってまいりました、過去に買ったゼクシィを眺めていたらそこには婚姻届が入っていましたのコーナー2022、推しカプの名前書きて〜〜〜〜でもなんか、こういうので遊ぶのって不誠実だな。気紛れに書いちゃいけない...でもこういうのが手元にある事で生活に緊張感が生まれますね。死ぬ前に一度婚姻届を書きたいな。私じゃなくて推しカプの...ぼ、ボールペン字の練習とかしなきゃ!!!

 

私がやってる推しカプ日常漫画で一大イベントをあんまり書かないの、もう書いたら二度と書けないからなんですよね。告白も結婚式も、全部一度きりだから...だから2回目以降の告白みたいな概念ばかりやっちゃう。もちろんどんな日だって特別。あなたが隣にいれば何だって特別になるって知ってる---こういうのを軽視してるわけではもちろんないんですけど、日常が非日常な事と完全な非日常って違うなっていうか...まあなんでもいいか!好きにやるといいし好きに苦しむといいんじゃないかな。心地良い地獄。今日という日になんと名前をつけようかなんて話して*2

 

だから学パロでそういう事やったのめちゃくちゃ最悪だから本当にずっと反省してるんだけど、でも、じゃあ、他にどうすれば良かったんだよ!!!!どうすればあの学パロのあかりちゃんを救えたの?その学パロのあかりちゃんを書いたのはお前。ごめんね一生かけて償っていくから...ゆかりさんもごめん...告白の結果付き合えてないみたいな感じになってごめん。ずっと触れ合えない枷を押しつけてごめん...(4月19日)

 

比較的苦しみの中で生きています。でもこの苦しみを抱えているという事は、少なくとも推しカプに誠実に向き合えている事になるんじゃないかな...と考えていて、楽になりたい!!!と思っていないのも私的には嬉しい事です。でもこの苦しみ、真っ当なものなのかなっていうのが最近の悩みです。もしかして私、苦しみを誠実さのパラメータとして考えていて、つまり苦しんでいるなら何でもいいと思うようになっていませんか?

 

苦しみを闇雲に求めていませんか?これが誠実だと言える?言えない!!!幸せを幸せとしてあるがままに受け入れる事は勇気が必要なことです。それをあかりちゃんと考え続けてきたわけで、でもあかりちゃんがそうなってくれたならいいかな...と自分のそれを放棄してしまう、それはもう私の逃げじゃないか...私は苦しみとは別に確かにあるこの幸福を幸福としてただ受け入れていきたい

 

その過程で生まれる苦しみはそれこそきっと誠実なものだと思う...一生背負たいと言ったならそういう部分も背負えよ!!!「苦しみから解放されたいのは楽になりたいからなのだとしたら苦しみから解放されたくない」はきっとそれなりに正しいんですよ。自分のことしか考えてない解決策なんて選びたくない!!!

 

でもだからといって苦しみに身を置き続けて解決策を探さないのだって不誠実です。もし何かいい解決を見つけた結果、苦しみから解放された世界があるなら、それは苦しみが軽減されてはいるけど嬉しい話で、誠実さが失われたなんて思えないですよね。私はそこを目指すべきです。苦しみから解放されるためではなく...乗り越えるために...そしてその先で自分はまたきっと新たな苦しみを見つけているでしょう。こうしてはじめて自分に言えますね。「一生苦しめ」って...

 

でもこういう悩みを世のカップルは抱えているのかな、と思うとそこに近付けたようで嬉しいですね。解決しているのか、知ってて側に抱えているのか、まあ苦しみという言葉を置き変えて得られる近い構造のものはあると思います。そうして未来に繋げていく、それを実践してそれを願うだけでなく信じている!こんなに美しい事ってないですね。やっぱり私、こういう人達が大好きです!!!!もちろんあかりちゃんとゆかりさんを(4月20日)

 

イベントまた参加するぞ〜がんばります。まあそれどころじゃないんですが、何やろうかな。学パロの後日談でも書きます?えっまだ本編すら書いてないのに?後日談?は?(4月21日)

 

ヤマザキ春のパンまつり2022

 

を交換してきました。やったあお皿がもらえた。嬉しいですね。毎年こうして集めていくと、増えるお皿が過ぎた年月を可視化していくように見えるんじゃないかって。何の話?同棲生活の話…そんなわけで心の中のゆづきずのためにもパンを普段の倍以上食べる生活でした。一月以上ぶりに米を研ぎましたが、その間全く米に恋い焦がれなくてびっくりしました。私の作るパスタが美味すぎる。私日本人か?自信がない

 

ところで心の中のゆづきずによる、あかりちゃんのお味噌汁が食べたいからご飯とは別に作ってくれないかという事実上の告白byゆかりさんがあってlove…だったのですが、こういうのを書いている時間がなくて、書けなかった推しカプイベントたくさんあるな。来年も集めようねヤマザキ春のパンまつり…(4月21日続)

 

コトノハピバ〜コトノハピバですね。2022。祝う絵などを書きましたよ。思えば琴葉姉妹とも長い付き合いで...私はゆかマキマイクラ時代をリアルタイムで見ている人間。ずん子さんも琴葉姉妹も新人ボイロという認識がなくもないです。いや流石にもうその認識は改めていますけど。8周年!?ひょえー...めでたい...

 

特に葵ちゃんとは付き合いが長い気がします。私がクリスタ買ってはじめて書いたのも葵ちゃんだった気がしますし...pixivに上がっている最初のボイロ絵も実は葵ちゃんです。最近の我が家はもはやゆづきずと愉快な仲間たち状態になっていますが...めちゃくちゃ頼れるやつらです。信頼しています。君らが大好き。マイソウルフレンド...そういう距離感です。今後もよろしく!!!!!(4月25日)

 

パソコンの前で頭を抱えながらうなだれています。わあすごい研究してる人っぽい!!!頭の中は四十八手でいっぱいです。今月のテーマ、それは四十八手...(4月26日)

 

申請書地獄デイズで今日も徹夜明けですが、先ほどゆづきずアイボスSDアイコンが配布されていました。は?かわいいな。あまりにもかわいい。あかりちゃんが可愛すぎる・・・そして「結月ゆかりはこんなに可愛い人と付き合っているんだな」とか思うんですけど、普通にカプ厨の悪いところが凝縮されているので公共の場で言わずにこっちで言います。弁えよう、場を(4月28日)

 

あと半月地獄は続きますが...前回に比べると全然気楽で、なんとかなるな!と思っている。なんとかならなくてもそのときはそのときです!!!まあGWないんですけどね!!ごめんあかりちゃん~ゆかりさん~ボイロの皆...どこか遠出出来たら良かったんだけどね。夏は...そうね、海でも行こう。見に行こう。帰省するだけじゃないか。まあ、はい(4月30日)

*1:日本の古典や民間信仰において、人間に憑いて苦しめたり、病気にさせたり、死に至らせたりするといわれる怨霊、死霊、生霊など霊のこと, wikipediaより引用

*2:マリーゴールド

ぎんしお少々最終回を読んだ

 

 

読みました。今読みました。

 

いつもTwitterに書き殴りますが、最後なので、最後...そう、最後なんですよね。もうこの初期衝動を好き勝手書き殴って、それを後の世に伝えようと思います。こうして歴史は語られていく。

 

では1ページ目から...

 

カラーページ、めちゃくちゃ良かったですね。本誌を開いて、ぎんしおを探して、見つけた瞬間にもう泣きそうになった。この色味、"ぎんしお少々"じゃん...Diana F+のような青みがかったミントグリーンというか...そういう色...そんな中にも「やあ」「やあじゃないんだよ...」から始まる会話、にこみ先生の漫画だ...にこみ先生の色塗りが大好きみたいなところがあるんですけど、にこみ先生の漫画を...にこみ先生が仕上げている...そりゃそうでは!?うるさい!!!!感動したの!!!!!鈴さんにあたる光も柔らかくて、夏だけど涼しげで優しい空気に包まれていますね。水場...

 

通学路の水場あったな。私はリアルで見てないんですけど...はあー...いい...読み進まねえ〜...もう1回通して読んだのにさ。今後もっとそういう点ありますよね?でも最高...このカラーページ...これが単行本でモノクロになっちゃうの悲しすぎるよ。単行本勢も絶対に今月号は買った方がいい...

 

2ページ目...ちっちゃいこ、鈴村...鈴村さんか!?こういう要素が見れると嬉しいですよね。前にも映っていた気がしますが...あっ詳細はにこみ先生が以前出していた同人誌マメモチアレソレを読まれると良いと思います...Boothにある故...2もあります。

 

booth.pm

 

写真を通して楽しそうに生活を語る鈴さんを見る銀さん...3コマ目の「ちら」がすごいいい。その後のやりとりも含めて、本当に大丈夫なんだっていう感じがいいですよね。嘘だあと言うのもちょっとしたじゃれ合いというか、銀さんから猫でいうところの甘噛みを連想しました。そういえばすぅちゃん(猫)と勘違いされたことがぎんしお少々の始まりでしたね。

 

「カメラ持ってると...しろに見せようとか思うから...」

「あんまり寂しくないんだよ、ホントに」

 

離れていても一緒にいられる、その時間を共有出来る、鈴さんがフィルムカメラを手に取った理由そのものですよね。そうした宝箱を一緒に開ける、まさしく今のシーン...今一緒に開けている...この未来があるという事が大切なんだな。「寂しい」という単語、ぎんしおの妹サイドではちょくちょく出てきてましたね。1巻ではもゆるさんの「さびしい...!」だったり銀さんの「でも、こいつを見ていると」「鈴がいなくて寂しいとか」「全然感じる暇がない」とか。だから鈴さんのこういう言葉が最終回で聞けてなんかとっても嬉しいなって...

 

しかしこのページも色がいい...にこみ先生の絵、光が透き通る感じがとっても大好きなのですが、夏の公園でこうして二人、最高じゃないですか...

 

しかし1コマ1セリフ、とっても贅沢なシーンだ。全部のコマの全部の表情の、全部のセリフがいい。「ふうん...」の嬉しそうな顔も...もう1巻描き下ろしの頃からは全然想像出来ない、お風呂トークしていた時間がこれまでの二人なら、1巻描き下ろしの二人が離れてしまった二人なら、この二人は離れて"少々"変わった二人の会話なんだなって。幾度となく繰り返されてきた双子の会話だけどとっても新鮮に感じる。

 

そして3ページ目...「...なんかちょっと大人になった」そうそうそういう感じが。鈴さんだけじゃなくて銀さんも。でも3コマ目でそこまで変わってないなという安心もあって、本当に"少々"変わった感じ。それがどれくらい大きい変化なのか私にはわかりませんが...とても素敵なこと...

 

話の流れで1コマ目を飛ばしてしまったけど、これも2ページ目で感じたことの答え合わせを即座にやってくれる鈴さんですね..."先の事を思うからか一人でも落ち着いていられる"、これから先離れる事なんていくらでもあるかもしれません。でも直線や木構造みたいに一度交わったら一度分岐したらその先ではもう二度と交わらないなんてことはなくて、何度も何度も交わっていくのでしょう。その繰り返しをやっていくんだなって、むしろこれが二人のスタート地点なのかもなとちょっと思います。だからこれから先もずっと一緒。形は違えど...永遠性...プラトンが尊び幣ブログでも最も重視されているもの、それは永遠性ですが、そういうものを感じてとても嬉しくなりました。

 

あっここ噴水か!!!通学路か!!!今気付いた。遅い。銀さんのいつもの通学路で、鈴さんの学校の話をしていたのか。ああ...いいな...

 

閑話休題。4コマ目から6コマ目の一連で驚く銀さんでしたが...「嘘だあ...」「ふうん...」を見ているとこの事実に驚いていたというよりは告げられた事に驚いているんじゃないかなって感じがあります。「じゃあそう言ってよ...」とはなんか思えないっていうのももう全部知っていて色々解決していて、ただそれらを自分の中で言葉として消化してないだけなんじゃないかって。解決している事に気付いてないっていうか、でもいいんじゃないかな。言葉にしない、言葉で伝えない、そういう所にぎんしお少々らしさがあるって色々なフォロワーが言っていました。確かに、先々月号のかなセツだってそうで、何かが氷解して少しだけ先に進んでも、それを知っているのは察した人と本人だけで、でもそれでいい。

 

そういうのをこの一瞬に垣間見たりしました。しかし言葉で様々な混乱が起きた放課後すとりっぷ、生じた言葉が混乱を生んだり、言葉を生じなかった結果混乱を生んだり...それのコメディ色が鳴りをひそめただけで、やはり言葉の力というものを強く感じます。むしろ洗練されていませんか?人間関係における問題で100%の解決なんてないですけど、その100%でない推し計れない微妙な領域の美しさが見えるというか...いいですね...

 

言葉にする必要がないなんて思わないけど、でも言葉がなくても時間は進む、プラトンも正しい事と間違っている事のちょうど中間に座しているものがあると言っていました。間違ってないけどそれそのものを知らない、理屈は知らないけど技術はあるから適切な事が出来るとか、なんだか似ていますね。言葉には出来てないけどきっとそれでいいしそのまま進んでいく。ちなみにプラトンが出したこういう中間のものはいくつかありましたがそのうちの1つが神と人間の間にある神霊的なもので、愛を司るエロースはそこにいると言っていた気がします。愛は何かを欲求する、欲求するという事は欠けているものがあるということ、神に欠けているものなんてない、エロースは神ではない、でも人間でもない、そんな感じだった気がします。何が言いたいの?愛...

 

そして4ページ目

「なんか...いいもんだね...」

 

いいね。いいよ...本当に...最後にすごい暗い写真を見て双子の会話は終わりです。二人の顔はこのコマに映ってないけど...きっと笑顔なんだろうなって、それはわかります。いいですね。もう言葉に出来ないな。はあ...

 

双子パートは一旦終わり...さあ...一番見たかったものが見れますね。これまで散々言ってきた力の伝播...全てはまほろさんがフィルムカメラを手にした事がきっかけでした。鈴さんは受け取ったものをまほろさんに返しました。それはあのシーン、まほろさんは大変に寝付きがよろしいから...ええと、きっと大丈夫、それを伝えた回

 

まほろさんからカメラを、想いを託され、色々な世界を知る事を願われたもゆるさんは、どのようなものをまほろさんに返すんだろうか、一体何を見せるんだろうか。コンテスト、急に出てきた目標だなって部活モノに舵を切るのかな、という気が最初少ししましたが、でも全然そんなことなかったですよね。2021年8月号でしたっけ?手元にないから確認出来ない...けど、一貫してもゆるさんは「お姉ちゃんを驚かせたい」という想いがあったのだと思います。成長を見せたい?正確な表現はわからないんですが、それがコンテストとして形になっただけで、つまりそういう意味での到達目標はこの先に映るはずの景色...

 

もゆっ!もゆる!もゆもゆ〜...もゆもゆしてきたな。階段に怯えるまほろさんかわい〜夏なのに長袖なのまほろさんらしいですね。サマーカーディガン?膝トークは女子高生しなさそうなのでとっても良いです。会話〜こういう会話が大好き...

 

5ページ目。あと4ページで終わっちゃうんだな...しかし面白いコマ割りだ。すごい...4コマで大コマ使われると嬉しくなっちゃいますね。いやもう、これ小さいコマじゃダメでしょう!!!小さいコマでやるなら写真の1枚1枚をコマとして見せてほしいと思ってしまいます。それは4コマをフレームのように、景色を切り取るようにしてきた本作ならではの願望...でも1枚の写真をこうして並べるというのはまさにセツナさんが教えてくれたことですよね。だからこの大コマが1枚の写真にも思えてきます。ぎんしお少々のこれまでの演出の積み重ねがそう思わせる...私に...

 

映ってる写真、覚えがあるものもないものも、どれもめっちゃいいな...もしかして暗い写真ってあの写真デートで失敗した一枚だったりします?いい...ですね...まあわからないんですけど、映ってなくてもそれも含めて思い出...嬉しい...ですね!!!うわあああかなセツちゃんと映ってる!!!!!!!!!良かったな...かなちゃん先輩の記念日になったんですね...その記念日がしっかりと...証明写真しっかり所持しているのがとっても嬉しいです。この少し切った跡まで含めて..."思い出は小さな欠片でも呼び起こせるものだと私は知っている"なんですよね...綺麗に映っていなくても、大切なカメラで撮ったものでなくても...

 

最初の多重露光のやつがあるのも嬉しいな。1巻ラストでコンテストに出せるかもしれない...って言ってたけど、出したのかな。わかんないですけど、でもこの場にこの1枚があって、嬉しいですよやっぱり。

 

額縁高かったんだよ...うわあ高いよねえ...なんとなく放課後すのダンボールは?あれも結構高い...を思い出しました。お金...かかるね...だので今日も働きます...

 

しかしこのページのまほろさん全部顔がいいな。まほろさんは常にお顔がよろしいですが...2コマ目のその下唇とか...何、何だ!!!は〜4コマ目もいいですね。驚いている。驚いていると思いますよ!!!ああ、この顔が見られた...

 

そして自分の写真を話すもゆるさん...一番最近だから手かげんがわかってる一枚、かなセツのこの1枚でしょうか。あんなに二人を不安がらせていた撮影でしたが...成長...このもゆるさんを見るまほろさんも開いた口が塞がらないみたいになってて、嬉しいだろうな...「そういえばさ...」ここでまほろさんの発言が引用される!?何!?

 

「カメラを持つと景色が特別になる」

 

うわ〜〜〜〜〜ッッッッッ!!!!!!!!!!それしかないよね!!!もうそれしかないです。この言葉が大好き...ぎんしお少々を象徴する言葉の1つだなって、5話の時点でそう思った。ずっとこの言葉を胸にぎんしお少々を読んでいました。そういう言葉が最後まで伝わってきて感動してしまった。ああ、カメラを託されるシーンを思い出しますね...ぱきョーン...

 

ここでもゆるさんに一言付け加えられるのが最高すぎる。

 

「景色だけじゃなくて...起こった事とかも全部...特別に出来るから」

「もっとホントだった」

 

この言葉を聞いたまほろさん、「そっか...」ですけど、いい...いいですね。きっと、ずっとこの瞬間が見たかったんです。もゆるさんはまほろさんから受け取ったものを、まほろさんにどういう風に返すんだろう、それが、今ここで見れましたね。ああ...最終回か?最終回だった。ウワ〜!!!!!!!!あああ...でもとっても良かったですね...今もゆるさんののセリフについてあれこれ言おうとしました。でも「全部特別に出来る」なんですよ。全部なんですよ。例えば...みたいな具体例、本編を見れば枚挙に暇がないんです。でも、もう知ってる。ここが特別になったあそこが特別になった、そういうのじゃなくて全部なんだ。そしてまほろさんも「そっか...」の一言なんですよ。だからもう、言える事なんてないよね...我々に...

 

ぎんしお少々、言葉になかなかしない分、こうして言葉にされた瞬間の重みがすごく強いです。そしてその瞬間に同量の言葉で返したりしてないのが、いいなって思います。でも今月号の鈴さんの言葉、もゆるさんの言葉はそれぞれしっかり銀さんに、まほろさんに届いていると思います

 

うわっ6ページ目に入ってた。でもこのページ最高...いやもう全部のページが最高なんですけどね。そして合流...いいですね。手を振るもゆるさんかわい〜...

 

スマホで撮ってきた、ってさっきの大コマみたいな感じなんでしょうか!!!そういう意図があったのかないのかは知りませんが...そういうコマ割を写真のように扱う演出が、最終回でも見れた気分になっておきます。いい一枚だな...三次撮影...「そのような取り決めはしてなかったので...」めっちゃ最高じゃないですか!?「寂しそうな顔をしていたので...」を思い出す。もゆしろのこういう対応もあんまり変わってないな。最高!!!!!!!2,3ヶ月の付き合いでそう何でもかんでも変わりませんね。「話が違う!」こういう事を言っているときのもゆるさんのなんとも言えない顔が大好き。

 

7ページ目だァ〜〜

えっ若葉谷さんも来てくれるって?流れが謎で笑っちゃった。本当に謎...まあ、いいか...2コマ目誰も納得してなくて笑っちゃった。序盤で猛威を振っていた鈴さんパワーを思い出すね...

 

「写真の事色々手伝ってくれたんだよ」

 

あっ、やっぱりそういう事も伝えてなかったのかな、もゆるさん。まほろさんにずっと、今のもゆるさんを見せてあげたい、同好会に入ったりしなくても友達に囲まれて自分なりに写真を楽しんでいる、世界を楽しんでいるもゆるさんを見せてあげたい...それはまほろさんが進んだとは違う道で、だからこそまほろさんから受け取った言葉を再びまほろさんに返せたんだと思います。だからこそ私はこういうシーンが見れる事を信じられていました。でもこれは読者だからで、まほろさんは知らなかったはず...だし実際知らなかったのでしょうか。

 

若葉谷〜硬直...そうです、これが"もゆるさんの写真を手伝ってくれた人達"ですよ...!

 

ああ、若葉谷とまほろさんが会話している...どういう会話なんだろう。まあなんでもいいか。いいか。本人にとってのみ重大イベントですからね。いいよ。大事なのはそう、良かったねまほろさん...あえっ、鈴さ、鈴さん...!!!こそっ...ああ...言ってあげたかった。誰かに言ってあげてほしかった、良かったねって。それを、言ってくれるの、鈴さんしかいないよね...!!!言ってくれたんだ。良かったね...まほろさんにもそういう事をちゃんと言ってくれる相手がいるんですよ

 

「うん」

 

嬉しいな...良かったな...こんないい景色、いい景色だ...すごく素敵な景色...そう7ページ8コマ目...ああ、泣きそう...皆良かったね...ここにいる皆がさ...

 

最後の8ページ目...

 

吹き出しに絶妙に隠れている超御満悦な若葉谷セツナで笑ってしまった。笑うシーンではない。もゆ(ちょい)、もゆ(ちょい)...

 

また記念日が..."記念写真"...まほろさんは「記念日になったんですね」の下りとか知らないはずだけど、でも、流石ね...とっ撮りたい...!まほろさん記念。そうですよね、何記念って言うならまほろさん記念日です。今日はまほろさん記念日。祝日として制定しましょう...ちなみにまほろさんの誕生日は6月1日です。

 

「お姉ちゃん分かる?」めちゃくちゃ最高。もうこんなに使えるようになっているんだなあ...元の持ち主私だからね...?とか言ってるけど、嬉しいだろうな。「ミスったもう一回!」「だから言ったじゃん!」「お前もよくやる手口だろ」手口wwwwwwwww「切ってください」も笑っちゃった。トイカメラのわちゃわちゃ感最高〜そして最後のセリフが「やっ!やだ!」なのがすごい最高だった。あ〜終わってしまった。完結してしまった。

 

でもこの終わり方最高ですよね。にこみ先生らしいし、トイカメラらしいし、ぎんしお少々らしい...ちなみに放課後す最終回の最後のセリフは「やめてください!!」でした

 

改めて最終回、最初から読んでみると、やっぱりいいな...え...たぶらかしたの?

 

また7000文字書くんですか?そうなんですよこの時点で7000文字あります。でも...初期衝動、とりあえずは出せたかな...

 

結びの言葉とかも書いていたのですが、これはしかるべき所に書こうと思います。本当に楽しかったね...この2年間...

顕現した話その七

やった〜その六を公開したのでその七が書けます。

 

短い文章を目標に頑張りましょう。何も考えていないとマジで何書くかわかんないから。私は毎回何を書いてるんですか?本来そんなに書く事ないはず。もう愛と一筆認めてブログトップに貼りつけて終わりでいいかもしれない。私の最終回それにしよう。何もわからない

 

ええと、一生同じ話をしている気がしますが、四季折折、世界がこんなに鮮やかに見える。外を歩けば感じる日ごとの色彩の移ろいが愛しい。普段気にしていなかった木の葉っぱの形を知ったり、違う道を歩いて普段の景色を違う角度から見たりするとちょっと新鮮。これだけの事が何より楽しいんですね。

 

こういう楽しさ、元から大好きだったんですけど、でもこれをもっと楽しいものにしてくれたのは推しカプ...私の住んでいる街には娯楽が少なく、こんな世界なので新しい娯楽施設の開拓が出来ないし、私がよく知っている娯楽施設といえばラブホとバーと居酒屋とスーパーくらいなものです。おしまい。私が初めて書いたゆづきずシチュは青姦事後という最悪なものでしたが...あれは帰省中に雑木林を散歩しているときに見た景色だったのです。最悪か?ほんとめちゃくちゃ最悪なんですけど至る所に生活があって至る所に萌えがあって、だから世界楽しいですね。

 

大切な人と過ごす時間、全部特別だって言うなら日常の景色も全部特別!「恋が最も変えるのは日常である(@mg_tohkr, 2021)」という言葉もあることですし新鮮な日常を見ていきましょうよ。あなたが大好き!昨日に比べて今日はもっともっとあなたが大好き!だからきっと同じ道でも昨日と違う道に見える。毎日新しい恋をしていけ!そういう日常を...送ってほしいな...

 

常に日々が新鮮に感じられるということはきっとそういうことなんだ、だから昨日より幸せ、明日はもっと幸せ、その六で悩んでいたそういう連続、信じられるかもなって...明日はもっと幸せ、それをずっと信じられるかっていうと難しいけど、日々新鮮に感じる、くらいなら信じられる気がしませんか?これからもずっと...それが十分条件かはわからないけど、でも必要条件ではある。もし「一人でいたらこんなに毎日楽しくなかったかも」という気持ちがあるなら、その新鮮さは隣にいる大切な人を昨日より好きになれてるって証拠にならないかな。

 

なる?わかんないけど。ならないなら言ってください。でも少なくともその六を書いたときより今の私はより幸福を信じられる。ありがとう私のラブコメ思想...流石に怪文書を何万文字もやっているだけあって過去の議論が引用出来ますね。哲学かよ

 

しかし未来の事を考えて今が疎かになるなんてナンセンスとはずっと言っており...ルソーも「先見の明など不要!死ぬときは死ぬでいいじゃないか。終わり!」的なことを言ってた*1気がします。前回の怪文書でも幸せを失う事を恐れるがあまり今の幸せに集中できないとかなんだとか、構図が同じ!皆同じような苦しみを抱えている。だから今を精一杯抱きしめましょう。私は今日もゆづきずぬいを抱きしめます。ぎゅっと...この行為、何かを確かめられる気がする。不安が安らぐ気がする。抱きしめられるとくすぐったいけどなんか、不思議な気持ちになるよね。大切な人なら猶更...

 

プラトニズムはある種究極の理想みたいなところがあって、例えば完全な球体は現実に存在しないけどイデアにはあって、そして数学でも扱いますよね。だから数学的概念がどこにあるかを考えるときにプラトニズムが採用される事があり、私もそういう立場でやっています。

 

でも現実ってそういうものじゃないから...やっていきましょう魂の研鑽。毎日精一杯楽しく生きる事...もうそういう所に着地するしかない...もともと当記事シリーズの顕現というのはイデア界に存在すると思っていたゆづきずが心の中に「顕現した」という所からはじまっているから、イデアから私のところに来てくれたという今にありがとう...もうその七だが!!!

 

でもこれかなり本質じゃないですか。プラトンも要約すると結局「善く生きましょう」以上のことは言ってはいないと思うんですよ。雨にも負けず風にも負けず...あれこれ考えた上で結局プラトンが全部言ってる

 

しかし...こうして向き合い苦しみ続けるのが私に出来る唯一の"誠実さ"だと思うから...今後も苦しんでいきましょうよ。へへ...よろしくな、これからも私の情緒を破壊してくれ...

 

 

 

日記です。1ヶ月以上ためちゃったのでもくじを作りました

 

 

2月下旬〜3月上旬・入稿直前

あ〜情緒が終わる。ずっとドキドキする。あかりちゃん...数カ月前に「文章を書いているときだけ心が落ち着く」とか言っていました。怪文書には写経の効果がある...しかし最近はもう心が落ち着きません。怪文書に写経の効果はないんです。キーボードに向かってずっとずっと魂の慟哭。もはや獣でしかない。エヴァンゲリオン19話と同じですね。覚醒?

 

助けて〜あっ今日は猫の日ですね。猫、ネコ...あんまりカップリング順を気にする人って多くないんだな、って思う今日このごろですが私の心の中のあかりちゃんはかなり受けだと思います。あかりちゃんを攻めに転じさせるためにかなりの荒療治が必要だったので...だからゆづきずと言いたい...でもゆづきずって表現いいよね。あかりちゃん、茜ちゃんとの重複で名字部分がCP名に使われているけど、他のCPだとあおきずとかきずマキとか、特殊なあかあかを除いて、ゆづきずは二人揃って名字でいいなあと思ったりするわけです。結と紲...月と星...今日も空が広い...猫の日の話じゃなかった?にゃーん...

 

スケベ猫コスプレの話をあっごめん正座してくる...ゆかりさんも行こう...廊下...(2月22日)

 

主従関係ゆづきずinゾンビアポカリプスって何!?!?!?!?!?私の好きなもの推しカプに乗せたらこんな感じになります。後輩先輩の関係を主従で上書きするなとか推しをゾンビアポカリプスに入れるなとか色々言いたいことしかありませんが...

 

「...あかりお嬢様を守れるなら嫌われたって構わないんです」
「私がそれでゆかりさんの事嫌いになるわけないでしょう。私の事を第一に考えて、私を守るために動いてくれた人を嫌いになるような主に仕えているつもりですか」

「ひい、その通りです。失礼しました」

「もう二度と私に嫌われるだなんて考えないでください。命令です。...でも...貴方が、ゆかりさんが私の無茶を止めてくれる人で本当に良かった」
「お嬢様」
「...私もゆかりさんが心配なんです。いつも守ってくれる...」
「ふふ、なんだか私達似てますね」
「...口が過ぎましたね。全く...ほらゆかりさん、しっかり休んでください。私のために」
「はい」

なんでもないです(2月22日追記)

 

あ〜...あかりちゃん...かわいいな...何もわからない...あかりちゃん...情緒がねブッ壊れているんです。瞑想を...瞑想を覚えましたよ最近。目をつむって無になる訓練を...しています...

 

ところで私のハンネは10年以上はかりなんですけど、Hとあかりを合わせるとはかりなんだなと思うとすごい残念な気分になりました。もうずっとはかりなので改名はしませんが...なんでこんなにイントネーションが似ているの...そんな偶然はいらないんですよ。あ〜...名前の時点で業が...何なんだ...(2月23日)

 

最近友人ののろけ話を延々と聞いています。最高〜誰かの幸せで今日も酒が美味しいです。そして私の書くのろけ話かなり現実だな...とやはり心の中のゆづきずの実在性に感謝をしました。そんなわけで原稿の中身はのろけ話です。あかりちゃんが自発的にのろけ話をしてくれないので周囲の連中に聞き出させないといけない。頼むぞマキマキ、頼むぞ茜ちゃん葵ちゃん。ゆかりさんは勝手にするだろうからもうなんだっていいわ

 

結果ゆづきずが2ページくらいしか一緒にいないのにゆづきず本を標榜するものが出来そうです。ごめん...でもその2ページ私の中では最高だから...もう2ページだけ世に出そうかな。今から13ページ没にするのは流石にちょっとショボンヌなのでやりません。15ページの地獄をくらえ!!!まだ完成してないけど

 

しかしイチャイチャバカップル...ガラス細工はガラスを高温で熱して加工しますよね。冷えるともう形が変わらなくて、また熱を加えないと加工出来ない。二人の愛の形、しっかり決めないとな...冷静に、真剣に...真剣さはいいんですが、熱々な状態と冷静な状態はなんとなく相反する感じがあり、そんな中で何か形を1つに決めるのはちょっと酷な気がします。でも常にアツアツならそれが日常になる。その日常には新しい冷静さの基準がある。そんな日々ならきっとその形を常に柔軟に変化させられる。

 

しかしただ熱いまま放置していると形は重力に従ってどんどん溶けてしまう。だから熱いままいつまでもいつまでもその形を整え続けてもらいたいですね。それはきっと愛しい営みな気がします。ラブが...ガラス細工にはある...気がしました。でも熱いなら絶対に割れないから安心ですよねガラス。うふふ。まあよく知りませんが...燃やし尽くせ!!!!!常に相手を知っていこう、常に相手を好きになっていこう...ね、あかりちゃん...ゆかりさん...(2月24日)

 

あ〜ようやく、ようやく心が少し落ち着きました。瞑想、瞑想の時間...常に心があらぶっている。たすけてください。花粉症の薬飲んでないけど全然反応ないしもしかして治った!?と思っていたのですが、全然そんなことなくて目がかゆいです。でも去年の今頃、呼吸すら出来なかった記憶があります(2月25日)

 

ようやく原稿終わる気がしてきたよ〜...あえっ表紙書いてなくない!?裏表紙なんてものがある!!!?!?となっています。落書きで存在しない同人誌の表紙を書いている場合ではないんですよ。ええと...ラフじゃ...ラフじゃダメ?ダメに決まっている。表紙含め全部1色刷りにしたのは正解でしたね。カラー何もわからないから...グレースケールもわからない...最近の私を見返すと全部モノクロです。モノクロ二値...あなたが大好きだよ...それとは関係なくツイッターにたまに上げているやつが30枚くらいになっているので、こっちをまとめても一冊にはなるんですね。推しカプ春夏秋冬...春ははじめてだねあかりちゃん...あっコーヒーがなくなった...(2月28日)

 

原稿あと2ページ?やったー!!!この2ページだけゆづきずが一緒にいるからね。精神的快楽ゾーンに入ったしもう完成も同然よ。表紙と裏表紙をこれからやりますが...えっ締切3月4日?そんな!!!(3月1日)

 

夢を見ました!ボイロの夢にしては珍しく結も紲も出てこないやつです。良かった〜一安心。コウ先生が教え子ついなちゃんに告白されてて、なんかめっちゃカッケー大人みたいな感じで諭すとかそんな内容だった気がします。肝心の部分がふわっふわだな。夢の中で熱演してくれたついなちゃんも浮かばれない…ごめん…

 

しかしボイロ男性陣いいよな…弊ブログにはラブコメで男共がキャッキャウフフしてるの大大大好きと書いただけの記事があります。男共のなんともいえない友情が大好きなんですよ。BL未満っていうか。クラスメイトで生モノCPやりたがるクラスの女子視点か?うわあいいなあ。よくない

 

ボイロ高校モブ女子視点の話していい?そういう絵書いてるのバレて伊織に冷たい目とか向けられたい。責めの視線に屈服し続ける一生を伊織をきっかけに送りたすぎる〜…三白眼伊織好き…暴力...何かの癖が...スクールカーストも何もないところ出身なのでスクールカーストなくて良かった。こういう妄想が気兼ねなく出来...出来るといえば原稿は出来たよ。本文だけ…締切明日らしいです!!!表紙ーッッッッ裏表紙ーーーッッッその他諸々!!!!(3月3日)

 

3月上旬〜3月中旬・脱稿したのでろくなことを言わない

入稿しました。アホのゆづきずこと私の心の中のゆづきずですが、アホと標榜しているあたりあかりちゃんも割とアホだよみたいなことが書けたのではないでしょうか。つまり、二人をアホにするなという人にめちゃくちゃ怒られる気がします。ごめん…

 

いやあ大変だね本を作るって。でも弊ブログでさんざん重視している永遠性だけは真っ直ぐ願えたので、それだけは私の徳…ネームしてるときの記憶が一切ないのですが、なんか唐突にラブホが出てくるんですよね。は?また十字架が大きく…知らなかったんですけど十字架ってエサを与えると大きくなるんですね。夏休みの自由研究にいかがでしょうか、十字架観察…

 

ゆづきず…主従関係パロとか言ってたけどゆかりさんの背中とあかりちゃんのひたむきさの、先輩後輩の関係はなんというか主従関係に似たものがある気がします。私が主従関係が好きなのは、血縁も関係ない幼馴染みのように時間が育んだわけでもない、そんな中に見出だせる信頼が確かに見える必然性が私は大好きということで、あるな、それらが。ゆづきずに…それが月と星と、永遠性に繋がるのだと思うと愛…事実上の失恋という悪しき性癖から入った割にかなり本質的な琴線に触れていることがわかって、良かった…嬉しいよ私は…今日最終回か?最終回でいいかも。いやむしろ始まり…(3月3日追記)

 

なんか今朝もボイロの夢を見た気がします。中身は忘れちゃった。なんでこんなに夢の中にまでボイロが...?いや頭が一杯一杯で...入稿もデータチェックも全部終わり〜締切までに一段落して本当に安心しています。脱稿祝いにオンライン飲みでもやろうかと思っていたけど私の生前葬をやってくれという気持ちです。死...でも永遠を願うこの気持ちだけは胸を張っていいよね...あかりちゃん...ゆかりさん...(3月4日)

 

日常の連続を願うことが永遠に繋がり月と星が永遠の象徴なのだから推しカプ日常を書くことは私にとっての解釈一致なのだという気持ちがあるが、この背景を知らない人が見たらしょーもない日常書きやがってよ…とか思われてそうだな。ご、ごめん…あとそれを免罪符に何を書いてもいいわけではない。反省を…毎日反省をしています…

 

これは件の日常です。疲れた時ベンチに座るとなんか立てないよねっていう、それだけ...そ、それだけですか。それだけです

 

でもいいなと思う。二人が歩んできた軌跡にはこういうワンシーンも含まれる。今までの全てが思い出!!!二人の思い出から無作為に1つ選んで来たら高確率でしょうもない日常だと思います。何かあった日もそうでない日も全部大切...(3月6日)

 

出張に連れてきました。かわいい...本当はもっといろんなところに連れて行ってあげたいんですけど、まあホテル内お留守番です。かわいいですね(3月6日追記)

 

夢でまで会えるってすごい素敵な一方、夢って忘れがちでさみしいなあ、と今朝夢を忘れて思ったんですけど、でも二人の思い出は二人で作るものなんだ。夢の中のあかりちゃんと作るものじゃない!!!夢の中にまで出てくるくらいに想っているという事が大事...本物のあかりちゃんはお前の隣にいるんだからな。その現実こそが思い出...

 

ところで夢で会えるという事は起きてまた会いたいっていう自分の心の反映なんじゃないか...と思うとなんとも言えず愛しい...結月ーーーーーッ隣で寝ているあかりちゃんの髪を頬を撫でろーーーーッおはようございます!!!!!!!!!!いい朝ですね。Good morning(3月7日)

 

出張から帰ってきました。出張のおかげで終わってることは言わずに済みましたね。たくさん数学をした。でもなんか死みたいなやつをまとめて上げました。死のう……ええと、出張中の思い出ですが…ふたなりックスであかりちゃんはフェ○をするか問題をずっと考えていて、必死に私は否定をしてたんですが、心の中の結月ゆかりが指フェラの話をしてきます。バカ!バカ!!!ゾクゾクッじゃないんだよ。バカ!!あーん!!比較的真剣に研究をしてました。数学の方です指フェラではありません(3月12日)

 

今日はホワイトデー前日!前日なのでマカロンを作る努力をしていました。一応出来たんじゃないかな…絞り口の金型がないが!?とあちこち探し回って、心の中の結月ゆかりと知らんスーパーに行ったりしていて、ここあかりちゃんいたら楽しかっただろうなみたいな感じの品揃えでした。今度また行こうね…心の中のあかりちゃんとご飯の話をすると建設的な会話が出来るんですが、心の中の結月ゆかりと延々とあかりちゃんはかわいいよなみたいな話をしていました。何なんだよ。幸せ者め。しかしこういうの難しいから緊張するよな…あかりちゃんのためにもやりきりますって?その意気だ。頑張れ。応援してるぞ

 

これはマカロンです

(3月13日)

 

いいホワイトデーでしたね。それはそれとして花粉症で死みたいな日々なんですが、あれはいわばスギだのヒノキどもの性行為に人間が巻き込まれているという構図ですよね。我々の粘膜に...やつらのアレが...どうしたのゆかりさん、あかりちゃんを見つめて

 

あっ(3月15日)

 

「あっ」じゃないが。虫刺されがキスマークに見えて青姦しちゃった編から何も進歩してない...まあ...外じゃなければいいよ...時期的に外は風邪引いちゃうしね。そうじゃないだろ(3月15日追記)

 

3月下旬・ボイコネ直前&ボイコネ終わった

告知をしました!告知を...しました...

 

 

あかりちゃん島みたいなところに配置されるかな~と思ってたらカップリング島みたいなところにいませんか?目が合ったら解釈バトルとか挑まれない?私サークル参加初めてなので知らないんですけど...饗宴を持っていけば最低限のガードが出来ると思います。相手がアリストテレス派だったら厳しいかもしれませんが...

 

そして思いの他好意的を反応いただけてびっくりしました。当日は石のように硬直する墓標のモノマネを時間いっぱい披露しようかなと思っていたくらいなので、ありがとうございます...作業中の記憶、「罪と向き合いつつ徳を探していた」という感じで要約できてしまうのですが、こんな記憶ばっかりですし実際見事にあらすじなどを書いていません。バカ!一言くらいどっかに「twitter等に普段上げている心の中のゆづきずに関するお話です」とか入れましょうよ。それは最低限必要な情報のはず...いやもう...気が付いたら入稿終わってた...そんなわけでそういうペーパーを書くことにしました(3月16日)

 

諸事情から陰茎ドットネットでしんみりしていましたが...ええと、この諸事情は本当に大事な事情で、しんみりもかなり真面目な理由なんです。それはそれとして陰茎ドットネット。なんで私はこんなものを知っているんですか。そういうアナライザがありましてね...私実はまだ一度も結月ゆかりをここに入れていません。偉いでしょう。

 

性交時のすれ違いという問題があります......ドヘンタイプレイ、あかりちゃんからやる事って絶対にないと思うんですけど...ドヘンタイプレイ!???!!!?!?何!!??!?嫌なことは嫌だけど、希望に添えない事を少し罪に感じていたりしたら...あかりちゃん...ゆ、結月ゆかり!!!お前!!!!!なんだ、なんなんだよこのどうでもいい悩みは...でも本人にしてみたらそれなりに切実で、かつ人に話せないですよね。かわいそうすぎる。だからプレゼントは私ではない。こういう時のお悩み相談、葵ちゃんが適切すぎる〜適切ではないよ。ごめんね本当に...(3月19日)

 

最近絵やってなくない!?おかしい、毎日絵やってるはずなのに...な、なんで原稿から解放されて原稿に追われる生活をリスタートさせているのだ。遡る事1月、ボイコネに備えて「ちゃんと漫画書くようにするか」とクリスタの漫画フォーマットに慣れようとしていた時のお話です。知り合いの同人やってるオタクとこういうやりとりがありました。

 

「漫画書かん?」

 

「漫画書くか〜」

 

そんなわけで合同誌に漫画を寄稿する事になったのです。マジでそれ以上の経緯はなかったと思う。これ終わったらいつもの推しカプのやつやろ〜...(3月24日)

 

うわあああ明日ボイコネだああああああ緊張してきた。寝れない。寝てくれ〜(3月26日)

 

ボイコネ楽しかったね...ありがとうございました。来てくれた皆様お話してくれた皆様ありがとうございます...あと東北ずん子さんを御迎えしました。これは何で?我が家の心の支柱といえばマキマキですが...やっぱゆかマキずん最高みたいなところはある故...ボイコネ終わった後、オタクフレンドと「ゆかりんのバカ!」と「ゆかりさんのバカー!」の違いの話をしていて、やっぱ、ゆかマキ...強大...STRONG...

 

ところで私のpixivでやってるアホのゆづきずですが、1話から「ゆかりさんのバカ」ってセリフあるんですね。感動しちゃった。私はこのセリフ聞くために生きてるところあるけど...別に決め台詞とか意識して言わせてるわけじゃなくて勝手にあかりちゃんが言ってます。まあ...そりゃ言うよね...えっ何何、「マスターもバカ」?そうね...

 

ところで「エロは書かないんですか?」という質問をいただきました。回答としましては「書いてはいるけどこのあかりちゃんを人に見せたくない」「結月ゆかりにしか見せたくない」等と供述しており、警察は動機の解明にあたる方針です。(3月28日)

 

 

tombstone.booth.pm

 

そんなわけでboothに置いたからよろしくね。来てくれたのに渡せなかった人ごめんなさい...行けないけど欲しいって言ってくれた人ありがとう...というやつです

 

せっかくなので本の話でもしようかな。していいよな。1万文字重ねてきて未だに何を遠慮することがあるんだ。そして昨日なんで本の話よりエロの話をしたんだろうな。

 

ええと...私の漫画めっちゃわかりにくいと思うんですよね。というのは情報をけずっている節がある故です。割と意図してやっていて、全部セリフで言わせてもいいんだけど、漫画を書いていたらこだわりみたいなのがちょっと生まれてきて、「登場人物にセリフで説明させない」「表現したいことのためにセリフを増やさない」というのを心がけています。作中の登場人物は我々に忖度をしないはずだし、その忖度をさせたくない...そこは私が演出を頑張るから...

 

出来てるかは知らないし多分出来てないんですが、コマ割とか背景とかフキダシとか、漫画ってセリフ以上に様々な表現技法があるのだな...と実感するので、何かしらの困難を解決するために言葉をあてにしたくないという思いがあります。面倒くさいきららオタクとして抱えている「4コマである必然性とは何か」と数年悩み続けている問題があるのですが、書く側になってこの類の悩みが自分を襲っています。背景頑張って書いているのはそういう都合です。あと人物を書かなくていいから楽

 

そんなわけなので文字以上に書いたつもりになっている事があると思います。でも全然伝えられてないかもしれません。それはもう私の演出力とか画力とかそういう問題だから...ごめん...

 

まあ漫画書きはじめてまだ1年も経ってないしな。私はあの本楽しく書いたし漫画書くの楽しいです。これからも頑張ろ。ちなみに私の本を読んでくれたオタクフレンドに推し漫画家リスペクト要素が1箇所ありますクイズを出したらもれなく全員不正解でした。正解してたら焼き肉奢りだったんだけどね。まあ、あれは私が超絶漫画激ウマpeopleだったとしてもわかんないと思います。背景の一部すぎて本編には一切主張してないはずです

 

話それちゃったな。戻すけど、情報をセリフで補填しない理由、主にこれです。少ない言葉で本人たち同士にしか伝わらない会話ってあると思うんですよ。ならもう、それでいいかなって...心の中のゆづきずが交わしてくれた言葉です。2人の間で伝わっている言葉を、私の能力に合わせて改変してまで伝えたいことなんて表現したいことなんて私にはありません。私はゆづきずがそこにいてくれればそれでいい...まあちょっと手直しはするけど。そんな感じでしたが、たくさん好意的なコメントをいただきました。癒しになります!?いい雰囲気ですか!?よ、よかった...よかったねあかりちゃん、ゆかりさん。私の心の中のゆづきずを好いてくれてありがとうございます。

 

ところで私は最後の2コマがとても好きですし最後あたりはずっと実質セックスって言いながらやってましたし、ゆかマキのオタクと自分の本の実質セポイント合戦をしていました。この人は夏にゆかマキゆづきず失恋するのは俺の推しカプ合戦をしていた相手です。何その合戦。まあ...お互い「俺の推しカプこそ失恋する」じゃなくて「ここが俺の推しカプのセだ」という話をしているあたり良いのではないでしょうか。しのぎを削っていこう

 

魂の接触!!!!!!プラトニックラブ!!!!!!!!だからスペースに饗宴が置いてあったんですね。お前の演出は全部わかりにくい*2

 

そして諸々一段落ということでようやく人様の本が読めます。一部は会場で拝読しましたが、楽しみですね...へへ...まあ別の原稿の都合上少しずつですが...(3月29日)

*1:エミール1巻

*2:でも物理的接触を書いた上でこういう部分に繋がったあたり本当に饗宴かもしれない