読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

尊みで飯が食える

twitterアカウントは@mg_toHKRです。萌え4コマまんがと特異基数がテーマのブログです

はーちゃんの話 その1

おはようございます。

 

この記事は大部分がネタバレなのでステラのまほうをこれから見ようor読もうと思っている方は読まない方が良いです。あと「その2」はあります。

 

この記事は読んでも特に良いことはないです。でもまぁ良いことあるといいですね。

 

私は最近良いことありました。

 

それは先日放送されたステラのまほう8話です。

 

そこで飯野水葉ちゃんことはーちゃんが満を持して登場してくれました。

 

はーちゃんとはステラのまほう2巻から登場するたまきちゃんのライバル的キャラです。

 

前の数話でもちょくちょく現れたりしてたのですが画面に写る程度で殆ど出番がなく私は「はーちゃんいないかな~~~」と同じ話を何回も再生していました。

 

1話の部活紹介のところでいると思って何度も見たけど見つけられなかったので多分2話の通学中で写ったシーンが最初だと思います。

 

1話で見つけた方は教えてください。

 

ところで私ははーちゃんが好きです。めっちゃ好きです。

 

なので「こういうところが好き!」という話をします。

 

再三言うと原作を一通り読んで好きなシーンを延々に話すだけなのでとてもネタバレです。 

 

 

1.オタク観

第一にこれです。漫画の方でもこの雰囲気で一気に心を掴まれました。

 

Iri§先生を信仰に近いレベルで敬愛したり、裕美音ちゃんとのカップリング論争で次のようなセリフを挙げています:

 

「いつも思うけどあんた関連書籍の読み込みが―――」[1]

 

また、Iri§先生と参加したイベントでも次のようなセリフがあります:

 

「やっぱり原作にない描写をヨコシマな目線で捏造するの良くないと思うんです!」[2]

 

はーちゃんの作品に対する深い原作愛を感じます。4巻の裏表紙にその心情が綴られています。

 

しかしIri§先生に言われるまで原作にない2次創作での設定に否定的なその様は昔ながらのオタクらしい信念を感じます。

 

[2]のセリフがある4コマのタイトルにもなっている通り、まさに「原作至上主義みなはちゃん」です。

 

信念を持つオタクは素晴らしいものです。

 

私にも心の中に信念を持ち作品に触れているのではーちゃんのこういった姿勢に共感せずにいられません。

 

地球上の生きとし生けるもの全てがいつか海に還るように、私もはーちゃんのようになりたいものです。

 

はーちゃんはIri§先生の過去作を読んだ時「人生が180度変わった」と言っていました。

 

そしてそれを聖書を配るかの如く複製して人々に配ります。

 

単なる押し付けではなく自分の考えと尊さを説いて回るのです。

 

まさに使徒です。

 

そしてついには人の考えを一時的にでも変えてしまう[3]のです。

 

素晴らしいオタクです。私も好きな本を人に勧めたりしますがここまで活動的ではないです。

 

さらに複製本を配るだけでなく、自分がその作品をノベルゲームにすると意気込みゲームスクリプトの勉強までしてしまう[4]のです。

 

自分の好きなものとそれを形にすること、広めることにここまで貪欲になれるはーちゃんが私は大好きです。

 

2.めっちゃ純粋

もう一つはこれです。1.で話した内容はある種、はーちゃんの生き様に感銘を受けたという話なのではーちゃんの内面について好きなところです。

 

はーちゃんはかなり乙女というか純粋です。

 

例えばIri§先生と関センパイを別人だと思っているところです。

 

実は気付いているのでは?と思ったことはありますがそういう描写は今のところない感じです。

 

どう見てもモロバレ(というよりほぼ全員気付いている)のですが、「恋は盲目」みたいな感じで気付いていないと思うとまさに乙女です。

 

最高ではないでしょうか。

 

まさに恋する乙女です。恋ではない(と少なくとも僕は思っている)ですが。

 

理想で現実を上書きするはーちゃんの純粋さには心打たれるものがあります。

 

これもまた一例なのですが、Iri§先生を前にしたときの背景トーンが乙女以外の何物でもないじゃないですか。

 

特に愛読書にサインを貰ってそれを愛おしそうに抱きしめるはーちゃん[5]は良いです。

 

「嬉しい...っ」

 

ですよ。自分も作家さんのサイン会に参加したときがあるので気持ちはとてもわかります。

 

なのであそこまで喜びを表現できるはーちゃんの純粋さが私は好きなのです。

 

実際、表情が多いですよね。いろんな表情をします。眼福です。

 

関センパイと部長が形だけでもデートをする話があります。ここでキスシーンを偶然はーちゃんが目撃してしまうのですが、はーちゃんはIri§先生が秋のあばんちゅーる...とショックを受けて倒れてしまいます。[6]

 

こういう所からもはーちゃんの感情がとても豊かだということがわかります。

 

作中でも触れられている通り、なかなか感情の起伏が激しい娘です。良くも悪くも純粋さから来ているのだと思います。

 

他に、はーちゃんが漫画を描く場面[7]があるのですが、作風が結構ファンシーな感じらしいです。

 

その話は珠輝ちゃんが思わず泣いてしまう[8]くらい良い話みたいです。自分も感動を生み出していく...素晴らしいことです。

 

小さい頃に犬のチマちゃんを飼っていてとても大切にしていたようです。尊いです。動物好きに悪い人はいないって三者三葉でも言っていました。

 

チマちゃんのことを思い出すはーちゃん[9]、すごい大切な思い出なのだなというのが表情から伝わってきます。

 

女の子が思い出を大切にする様はいつでも美しいものです。私は生まれてきて良かったです。

 

 

 なんかやたら長くなっちゃったのであとでまた続き書こうと思います。

 

はーちゃん大好きです。

 

もちろんみんな大好きなのですが、久々に好きだ~~~うおおお~~~ってキャラが出てきたので書きました。

 

そんなこんなです。失礼しました。

 

くろば・U先生、ステラのまほう製作委員会の方々、芳文社にとても感謝してます。

 

あとこの記事続きます。

 

参考文献

[1]くろば・U,"ステラのまほう(2)",芳文社,p36

[2]くろば・U,"ステラのまほう(4)",芳文社,p26

[3]くろば・U,"ステラのまほう(2)",芳文社,p43

[4]くろば・U,"ステラのまほう(2)",芳文社,p75

[5]くろば・U,"ステラのまほう(2)",芳文社,p39

[6]くろば・U,"ステラのまほう(3)",芳文社,p79

[7]くろば・U,"ステラのまほう(4)",芳文社,p14

[8]くろば・U,"ステラのまほう(4)",芳文社,p55

[9]くろば・U,"ステラのまほう(4)",芳文社,p55